迷惑メール対策情報のTOPに戻る
「迷惑メール対策情報」トップ >  迷惑メールフィルター > 迷惑メールフィルター〜ルール型〜

迷惑メールフィルター〜ルール型〜

Outlook Expressは現在もっとも多く利用されている無料のメールソフトです。
Outlook Expressに搭載されている迷惑メールフィルターは「ルール型フィルター」になります。
「ルール型フィルター」はユーザーが判定のルールを決めてフィルタリングさせるタイプです。

プロバイダーのルール型フィルターの場合は、フィルタリング後はサーバー上で迷惑メールを削除しますので、ダウンロードするメールの量が減り、すっきりします。

Outlook Expressのようなメールソフトではパソコンで全部受信するので、何かのときには確認できる点が安心といえます。

ところが、迷惑なメールの送信業者はこのフィルターの目をくぐりぬけて送りつけることに躍起になっていますので、実に巧妙な手口を作り出して日々進化しています。

この進化する手口に対してルール型フィルターのみでは対抗していくのは難しというのが現状です。

そのため、ルール型フィルターは補完的に使って「学習型フィルター」を導入するのが迷惑メール対策として有効になります。

ルール型フィルターに迷惑メール対策の仕事をさせるには手間もかかるため、そこは学習型フィルターに任せます。

そこで、ルール型フィルターの役割を果たす方法ですが、例えば仕事先のメールなど、専用のフォルダを作って確保するようにします。

Outlook Expressでの設定は「ツール」「メッセージルール」「メール」と順に進んでいって出た設定画面で、仕事先の名称とかアドレスなどをフィルターの条件にして、移動先を例えば「○○会社」などとフォルダ名を決めておくと、そこからメールを受信したときに見落とすことも無く、迷惑メールフォルダに行く心配も無くて便利に扱えます。
関連コンテンツ

迷惑メール対策〜フィルター機能〜

インターネットでOutlook Express(OE)は現在最も利用者が多いとされています。 Outlook Expressのメールフィルターはその疑いのあるメールを受信すると「迷惑メールフォル・・・