旅行業務取扱管理者への道|資格取得

国内旅行業務取扱管理者試験 平成25年9月8日(日)予定 

資格取得の第一歩は資格の情報を集めることです。
通信・通学講座の資料には受験情報が盛り沢山あります。

まずは 2、3社に資料請求してみることです。

通信・通学講座の資料請求は無料です。
資料請求をしても、電話などによる勧誘はありませんので安心です。

資料請求の後にチェックしておきたいこと

[ユーキャンの通信講座]

 

「ユーキャンの特長」

 

初めてでもムリなく短期間で効率よく合格を狙える!

 

リーズナブルな学費に注目!

 

 

[資格の大原の通信講座]

 

「 一発合格を目指す」
大原のオリジナル教材は、受講者が利用しやすいように
テキストと問題集が相互リンクし、学習項目ごとに編集されています。

 

基本講義と直前対策で「 一発合格」を目指します。

 

 

[ヒューマンアカデミーの通信講座]

 

「ここに注目!」

 

運賃料金の分野では具体的な計算例を豊富に掲載。
頻出事項や間違えやすい事項など、重要ポイントが
一目瞭然。
模擬試験問題は、国家試験の出題傾向と問題レベルに
準じて作成。

 

国土交通省が国会に報告している観光白書では平成22年の海外旅行者数が約1,664万人となり、

 

前年に比べると約119万人増加しています。

 

また、国民の意識の動向として、今後の生活で重点をおきたい分野は「レジャー・余暇生活」が

 

33.3%で、その余暇活動の潜在需要に第1位が「海外旅行」で、第2位が「国内観光旅行(避暑、

 

避寒、温泉等)」となっています。

 

多くの人は今後の生活の中で観光旅行についての意識ガ高く、とりわけ、資金力のある中高年の

 

人の定年・退職増に伴い、観光旅行に出かける人が多くなるとの観測がされています。

 

その様相から、観光業界は将来性のある職種であり、また、各旅行会社にとっては巨大マーケット

 

である中高年の団塊の世代をいかに取り込むかが今後の課題で、各社とも魅力的な商品開発、

 

他社との差別化に力を注いでいます。

 

そうした旅行会社においては、旅行業務取扱管理者はよりよい旅行を提供するためのマネージ

 

メントを行う「旅行のトータルプロデューサー」の役割を担います。

 

旅行業者や旅行業者代理業者は、営業所ごとに一定の資格を持った旅行業務取扱管理者を

 

選任して、旅行の取引条件の説明などの業務の管理・監督を行わせなければならないと、旅行

 

業法で規定しています。

 

そのため、旅行会社(旅行業者又は旅行業者代理業者)では、旅行に関する法律や実務の知識を

 

備えている旅行業務取扱管理者の資格者が必要となっています。

 

今後、益々旅行業務取扱管理者の活躍の場が広がってくることが考えられます。

 

旅行業務取扱管理者は国家資格で、国内旅行と海外旅行のどちらの旅行業務についても管理

 

・監督できる「総合旅行業務取扱管理者」と、国内旅行の旅行業務についてのみ管理・監督できる

 

国内旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

 

最近、ますます人気が高まっていると言われている「旅行業務取扱管理者」の資格ですが、

 

このサイトでは旅行業務取扱管理者への道をご案内しています。

 

旅行管理者になるために効率よく勉強したい人に

ムリなく分かるユーキャンの旅行管理者(総合・国内)講座

 

テキストには初心者目線で様々な工夫があり、クイズ感覚で楽しめる練習問題や用語解説が盛り込まれています。

 

旅行業界の予備知識がゼロでも、ムリなく徹底的にわかりやすく学習できます。

 

充実の指導サポートはきめ細かい個別添削のアドバイスで、合格力がグンとアップ!

 

ユーキャンの効率の良い学習は、国内旅行業務取扱管理者なら最短で4ヶ月、総合旅行業務取扱管理者は8ヶ月で価値ある資格のゲットを目標!

 

「ユーキャンの詳しい資料はコチラをクリック」