施肥の時期

 

庭木の手入れは剪定だけではなく、施肥も重要な要素です。

 

肥料を与えなかったために庭木が枯れるわけではありませんが、健康で丈夫な庭木に育てるために、

 

また、花木では花数を増やしたり、身のなる木では実を収穫するために、その成長過程で肥料を与える必要があります。

 

豊かな自然環境の中でなら自生できる樹木でも、人工的に作られた狭い庭では生長に手助けをしないと弱ってしまったり

 

枯れてしまいます。

 

自宅の庭の土には植木を養うだけの養分が含まれていません。

 

必要に応じて成長に合わせた 肥料を与えることで自宅の庭で丈夫な樹木が育ちます。

 

しかし、樹木が早く育つことを期待して肥料を過剰に与えすぎても良くなく、植え付け したばかりで根っこが不安定な状態で

 

過分に肥料をやることも逆効果で、樹木が弱って しまうこともあります。成長に見合った施肥をすることが大事です。

 

庭木の肥料では元肥、追い肥、寒肥え、秋肥え、お礼肥えなどと樹木の生育に合わせた施肥の名前があり、それぞれに

 

与える時期と肥料の種類が異なっています。