庭木の肥料

 

肥料の三要素は 窒素(N) リン酸(P) カリ(K) です。

 

三要素の働き

 

窒素(N):葉を茂らせる:葉肥(はごえ)

 

主に植物を生長させる作用があります。
植物の体格作りに密接に関係し、葉や茎を大きくすることから葉肥(はごえ)と呼ばれる。
タンパク質や葉緑素の生成に重要な肥料。
窒素肥料を過剰に与えると、花や実が付きにくくなり、植物が徒長し、病害虫にも侵されやすくなります。

 

成分: 硫酸アンモニア、塩化アンモニア、尿素、石灰窒素

 

「代表的な窒素肥料」 油粕、魚粉油、牛糞、鶏糞

 

窒素成分が欠乏すると・・・
  土壌中の窒素が不足すると、俗に肥え切れといわれて生育が衰えます。
  窒素の欠乏の症状はは葉緑素の生成が阻害されるために、葉色が淡くなり、その後、黄色になります。
  根は生育初期にはさほど影響されないですが、生育がすすむにつれ根の生育も悪くなります。
   実のなる木では果実の肥大は緩慢で、熟しても小玉で収量は上がりません。

 

リン酸(P)  :花を咲かせ、実をつける:花肥(はなごえ)・実肥(みごえ)

リン酸が欠乏すると、開花が遅れたり実が小さくなります。
過剰に与えても害は出づらいが、鉄やカルシウムと結合して土壌に残留したり、 成熟だけが促され収穫が少なくなります。

 

成分: 石灰、熔成過リン酸リン肥

 

「代表的なリン酸肥料」 骨粉、米糠

 

リン酸成分が欠乏すると・・・
   強酸性土壌や黒ボク土、火山灰土ではリン酸が土壌中の鉄やアルミニウムと結合して、作物には吸収されない不溶性のリンの化合物に変わってしまいます。
これを「リン酸の固定」といい、欠乏症が現れることがあります。
  リン酸は体内移動が容易な要素ですから、不足すると症状は古い葉の葉脈から現れます。
   葉の光沢が悪くなったり、暗い濃緑色になります。
  過剰に施肥してもあまり問題にはなりませんが、無駄になることが多いので適切な範囲で施します。

 

カリ(K) :根を張らせる:根肥(ねごえ)

   根の発育と細胞内の浸透圧調整に作用します。
   樹勢がつき、病害虫にも強くなり、暑さ、寒さや感想にも抵抗力がつきます。
   土壌を酸化させやすいので注意が必要です。

 

成分:塩化カリ、硫酸カリ

 

「代表的なカリ肥料」 草木灰、苦土石灰など

 

カリウム成分が欠乏症すると・・・
  カリウム欠乏の典型的な症状は、はじめ生長点に近い葉、あるいは古い葉では周縁部を除いた部分が暗緑色に変色します。
   そのあと、古い葉の先端や周縁部が黄化してきます。
カリウムは体内移動が容易なために欠乏の症状は古い葉から現れます。
  ゴマハガレ病を併発することがあります。
  果樹では逆にカリ過剰の症状が多いようです。
水溶性の為に流亡しやすいので、追肥で小出しに与えるのがよいでしょう。
過剰に与えると、カルシウム・マグネシウムの吸収を妨げる。 

 

配合化成肥料の選び方

数字は化成肥料の成分の割合(%)を表しています

 

「8:8:8」 「N:P:K」の成分の割合が同じで、バランスがよく元肥向きです。

 

「5:8:5」 「N:P:K」の成分のうちリン酸が多くなっています。元肥や追肥に使います。

 

         リン酸は過剰でもあまり弊害が出ないので、果樹にはこの配合肥料が適しています。
          木ばっかり育って実がならないのは、窒素分が多いことに原因の多くがあります。
         根切りをして、必要以上の養分の吸収を阻害すると共に、リン酸の多い肥料に替えてみるのもいいでしょう。

 

  肥料袋にN・P・Kの成分割合の表示で、成分の合計が30以上を高度化成、以下を普通化成と呼ばれています。
    例: 「14:14:14」 は合計値が42で高度化成
       「8:8:8」 は合計値が24だから普通化成

 

肥料成分計算は(20Kg袋) 窒素量は20×0.08=1.6Kg

 

五要素の働き

 

肥料の三要素にカルシウム(石灰)とマグネシウム(苦土)を加えて肥料の五要素といわれます。

 

細胞間の結びつきを強くし、根の正常な発育を促す。

 

カルシウム(石灰)は 土壌においては酸度(pH)を中和し、酸性の土を中性にします。

 

マグネシウム(苦土)は光合成をするための葉緑素構成に必要不可欠です。