庭木の肥料

寒肥え(有機肥料)

 

1月〜2月初旬のころは1年で最も寒い時期になります。

 

この「寒」の期間中に与える元肥えを「寒肥え」と呼びます。

 

寒肥えの目的は春の芽出しを助け、その後の生育の間も肥料効果を長続きさせることです。

 

そのため、寒肥えには堆肥や鶏糞,油かす,骨粉といった有機質肥料を用います。

 

 土中に施肥されたこれらの有機質肥料は,土中のバクテリアによって分解され,庭木に吸収されやすくなりその効果をあらわします。

 

根が盛んに活動しはじめる3〜4月には肥料の効果が必要ですので、1月〜2月初旬の施肥が大事になります。

 

肥料を吸収するのは根の先端部分で、株の周囲に浅く溝を掘り施肥します。

 

株元近くに与えても効果はありません。

 

お礼肥え(化成肥料)

 

花の咲いた後や果実を収穫した後に与える肥料を「お礼肥え」と呼び、衰えた樹勢を回復させるために与えます。

 

9月は多くの果樹で収穫が始まります。

 

春に萌芽した果樹は厳しい夏の暑さを経てえ、実をつけます。

 

お礼肥は果実を結実させる事で消耗した樹の老化防止と来年の成長に備えるために大切な肥料です。

 

9月の半ば過ぎから施します。窒素分の多い化成肥料を、土壌の表面に散布します。

 

追肥

 

植物に必要な栄養を栽培途中で補うために与える肥料を「追肥」とよびます。

 

樹木の必要に応じて施します。

 

 

無機質肥料の与えすぎに注意

 

肥料も与えすぎは禁物です。

 

肥料袋に記載されている用法・容量をよく確認して施肥します。

 

はじめはやや控えめの量から与えると失敗が少ないようです。

 

肥料の与えすぎは、肥あたり・肥焼けといわれる濃度障害をおこします。

 

土の中の肥料が濃すぎると、青菜に塩をかけたような状態になり、葉先が黄色くなったり、しおれたりして枯れます。

 

また、気温が高いとき何度も肥料を与えると水分が蒸発して肥料が濃くなり障害をおこす可能性があります。

 

庭木にみられる肥料の過不足

 

・窒素肥料が多いとき

 

  葉色が濃くなり過ぎ、枝が徒長し、病気にかかりやすくなり花つきが悪くなる。

 

・窒素肥料が不足のとき

 

  葉色が悪くなり、生育不良になる。

 

・リン酸肥料が多いとき

 

  鉄、カルシウムなどと結合して土中に残りやすい。やり過ぎの害はあまりない。

 

・リン酸肥料が不足のとき

 

  花数が減少したり、開花や結実が不良になる。

 

・カリ肥料が多いとき

 

  石灰や苦土の吸収をさまたげる。

 

・カリ肥料が不足のとき

 

  葉の先端が褐色になり、ひどいと落葉する。
   根が発育不良になる。