心理カウンセラーへの道|資格取得

ストレスの多い現代社会では、心の病気に悩む人も少なくありません。

 

悩みを抱えた人たちと向き合い話をすることで、心の問題解決の手助けをするのが心理カウンセラー

 

です。

 

一口に心理カウンセラーと言っても、保有する資格や職場、活躍する場面によってその呼び名は

 

様々です。

 

そして、心理カウンセラーという職業に就ける可能性のある資格は色々ありますが、「心理カウンセラー」

 

という特定した資格はありません。

 

また、資格の種類によって心理カウンセラーの仕事の内容も変わってきます。

 

たとえば臨床心理士という認定資格を有する人は、心理カウンセラーの中で最も有名な資格ですが、

 

病院などの医療機関や大学院などの研究機関でも働ける可能性が大きい資格です。

 

音楽を通じて心理療法を行う、音楽療法士という資格もあります。

 

音楽療法士は音楽によって心の課題を解決したり、認知症の治療を行ったりします。

 

行動療法士という認定資格もあります。

 

行動療法士は、現在の行動からその人の思考プロセスや価値観を判断し、それらを少しずつ

 

修正していくことで問題解決を図る心理カウンセラーです。

 

さらに、企業で活躍する産業カウンセラー、学校やフリースクールで活躍する学校心理士など、

 

その方法やアプローチに違いがありますが、これらはすべて心理カウンセラーという仕事になります。

 

心理カウンセラーは決して問題を解決するわけではなく、その人自身で解決できるよう助言や問答

 

によって手助けをする仕事です。

 

このサイトは心理カウンセラーの仕事をするための資格取得への道をご案内いたします。

 

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

 

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!