心理カウンセラーへの道|資格取得

心理カウンセラーの仕事とは心に悩みを抱えた人の話を聞き、解決の糸口を見つける手伝いを

 

することになります。

 

その心理カウンセラーの主な仕事も勤務先によって変わってきます。

 

病院の精神科・心療内科や心理クリニックなどの場合では、うつ病など心の病を抱えた人たちに

 

カウンセリングを行うことになります。

 

深い心の悩みを抱えた人へのカウンセリングには、カウンセリングを繰り返し続けることで、

 

患者の心を開くことを行います。

 

また、心理テストや心理療法を行うことで患者の精神的苦痛を減らような治療にあたる場合も

 

あります。

 

大学病院などでは、精神科医と連携して心理療法を行うこともあります。

 

ただし、心理カウンセラーは投薬や処方箋といった医療行為は禁止されています。

 

 

また児童相談所や学校では、子供や教育にかかわる教師、親の精神的ケアを行うスクール

 

カウンセラーの仕事があります。

 

スクールカウンセラーは問題行為を繰り返す児童や不登校の児童のカウンセリングを行ったり、

 

心理テストや心理療法で心に抱える問題を探ったりします。

 

また、自閉症や発達の遅い児童に悩む親の相談に乗り、精神的なケアをすることもこの分野での

 

心理カウンセラーの仕事です。

 

最近では忙しさからうつ病になる学校の教師も増えているため、教師の心の悩みのの治療も

 

行ったりもします。

 

企業内ではそこに働く社員のメンタルケアを行うのは産業カウンセラーという人たちです。

 

産業カウンセラーはうつ病を未然に防ぐためにカウンセリングをしたり、やむを得ず休職した場合に

 

復帰の手助けとなるよう相談に乗る仕事になります。

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

心理カウンセラーの仕事関連ページ

心理カウンセラーとは
心理カウンセラーとはカウンセラーの仕事の総称です。 心理カウンセラーのそれぞれの資格は心の悩みとなる問題を解きほぐす方法や患者へのアプローチの違いによって変わってきます。
心理カウンセラーのニーズ
ストレス社会の現代ではカウンセリングや心理療法を通して患者の心の悩みを解きほぐす心理カウンセラーが必要になっています。 うつ病や家庭内暴力、アルコール依存症、認知症、いじめや不登校などの心の悩みが深刻になるにつれて、心理カウンセラのニーズが高まっています。
心理カウンセラーの役割
心理カウンセラーの役割は患者が自分一人の力では解決することが出来ない問題にあくまでも自己解決するための手助けをすることです。 患者が自己解決をするためには、患者が心を開き、自分自身で抱えている問題に気付く事が必要で、カウンセラーはその為の支援をします