心理カウンセラーへの道|資格取得

日々のストレス、仕事や学校の悩み、家庭での問題、精神的な病気など多くの心の病気が注目

 

されている現代社会では、カウンセリングや心理療法を通して助言や手助けをする心理カウンセラーの

 

ニーズが高まっています。

 

心理カウンセラーにかかる患者は多岐にわたり、うつ病や家庭内暴力、アルコール依存症、認知症、

 

不登校などです。

 

これらの心の悩みの症状は、これまで一般にあまり正しく理解されてこなかった病気であり、多くの

 

ニーズに応えられていなかった病気です。

 

しかし臨床心理学が発達した現代では心理カウンセリング事業として、様々な養成スクール、

 

養成講座、認定資格、技能研究会などが増えてきています。

 

それに伴って心理カウンセラーにも注目が集まるようになりました。

 

心理カウンセラーは主に病院の精神科や心療内科、大学や企業のカウンセリングルーム、

 

児童相談所などが仕事場になっています。

 

医師不足が叫ばれている昨今、それは心理カウンセラーも例外ではありません。

 

特に、臨床心理士の資格は心理カウンセラーの中でも高度な専門知識を有する資格です。

 

今後は心理カウンセラーの資格の社会的地位の向上に繋がる可能性を秘めています。

 

また最近では、過労によってうつ病にかかりそのまま自殺してしまうという深刻な問題が多く

 

取り上げられています。

 

この問題を解決するため、積極的にカウンセリングルームを設置し産業医などによるカウンセリングを

 

勧めている企業も増えています。

 

ストレス問題が深刻になっている現代社会において、心理カウンセラーはなくてはならない存在です。

 

心の病気が注目されきちんと理解され始めたことで、今後も心理カウンセラーのニーズは益々、

 

高まっていくと言えるでしょう。

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

心理カウンセラーのニーズ関連ページ

心理カウンセラーとは
心理カウンセラーとはカウンセラーの仕事の総称です。 心理カウンセラーのそれぞれの資格は心の悩みとなる問題を解きほぐす方法や患者へのアプローチの違いによって変わってきます。
心理カウンセラーの仕事
心理カウンセラーの仕事は心に悩みを抱えた患者のカウンセリングを行います。 心理カウンセラーは病院の精神科・心療内科や心理クリニック、児童相談所や学校や企業など多くの分野で仕事をすることになります。
心理カウンセラーの役割
心理カウンセラーの役割は患者が自分一人の力では解決することが出来ない問題にあくまでも自己解決するための手助けをすることです。 患者が自己解決をするためには、患者が心を開き、自分自身で抱えている問題に気付く事が必要で、カウンセラーはその為の支援をします