心理カウンセラーへの道|資格取得

 

現代のストレス社会の中では精神状態も自己管理をする時代に入ったと言われています。

 

日本の生活の営みでは、一般にカウンセリングと聞くと心の病や精神が病んでいると見られ、

 

なかなか気軽に相談ができにくいものと感じられています。

 

しかし、欧米では気軽にカウンセラーを訪ね、現状を話す事で自己の精神状態を知り、

 

調整するのが普通です。

 

いろんなストレスが溜まりやすくなった現代社会では、欧米のように精神状態も自己管理を

 

する時代になってきていると言われています。

 

そして、近年では核家族化が進行し、社会環境も急激な変化していて、心に起因する悩みは、

 

家庭内では解決できないことが増えてきています。

 

社会現象としてトラウマ、ひきこもり、登校拒否、摂食障害、PTSDなどの地域や家族では

 

解決できない問題が深刻になっています。

 

そこで、人が心に持っている悩みとなる問題を解決し、 健康な状態へと導いてあげる心理

 

カウンセラーが求められます。

 

心理カウンセラーとは心理的な問題を扱うカウンセラーの仕事の“総称”で、心理カウンセラー

 

といった名称の国家資格があるわけではありません。

 

心理的な問題を解きほぐす方法やアプローチの違いによってカウンセラーの資格も異なってきます。

 

そして、心理カウンセラーの活躍の分野は巾が広く、医療、司法、産業、教育、福祉、

 

研究と多岐に亘ります。

 

心理カウンセラーはそれだけに、それぞれの分野での知識の充実と実務のキャリアを積むことが

 

必要になってきます。

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

心理カウンセラーとは関連ページ

心理カウンセラーの仕事
心理カウンセラーの仕事は心に悩みを抱えた患者のカウンセリングを行います。 心理カウンセラーは病院の精神科・心療内科や心理クリニック、児童相談所や学校や企業など多くの分野で仕事をすることになります。
心理カウンセラーのニーズ
ストレス社会の現代ではカウンセリングや心理療法を通して患者の心の悩みを解きほぐす心理カウンセラーが必要になっています。 うつ病や家庭内暴力、アルコール依存症、認知症、いじめや不登校などの心の悩みが深刻になるにつれて、心理カウンセラのニーズが高まっています。
心理カウンセラーの役割
心理カウンセラーの役割は患者が自分一人の力では解決することが出来ない問題にあくまでも自己解決するための手助けをすることです。 患者が自己解決をするためには、患者が心を開き、自分自身で抱えている問題に気付く事が必要で、カウンセラーはその為の支援をします