心理カウンセラーへの道|資格取得

心理カウンセラーには様々な資格がありますが、その主な仕事はカウンセリングを通して相手の抱える

 

問題を解決するための手助けをすることです。

 

心理カウンセラーは、人と深く関わる仕事なので、向き不向きがとてもはっきりしています。

 

心理カウンセラーの資質としては何より大切なのが人の思いに共感し、優しい心で接することが

 

できる人です。

 

患者が心を開き安心して話ができるには、おおらかな気持ちでいることが大切です。

 

人の相談に乗るのが好き、また、人からよく相談を受ける人に向いています。

 

相手の人だけではなく、自分のことも客観的に見て分析することができる人、自分に対する価値を

 

正しく判断できる人が、心理カウンセリングを行うのには必要とされています。

 

カウンセリングを円滑に進めるうえで、カウンセラー自身が自己分析をしっかりと行って、患者から

 

信頼されることが重要です。

 

患者の中には非常に深刻な悩みを抱えている人も少なくありません。

 

いくら悩み相談を受けるのが好きだと言っても、患者の抱えている問題をすぐに自己投影して

 

感情移入してしまうことは、カウンセリングにおいてはとても危険です。

 

カウンセラー自身が悩みを抱えてしまっていては、元も子もありません。

 

小さなことに悩んでしまったり、すぐに感情移入したりしてしまう人は、心理カウンセラーとしては

 

向いていないといえます。

 

少しのことには動じず、いつもどっしりと構えていられる人の方が心理カウンセラーに

 

向いていると言えます。

 

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

心理カウンセラーに向いている人関連ページ

心理カウンセラーに求められる資質
心理カウンセラーに求められる大事な資質はコミュニケーション力です。 しかし、忍耐力、包容力、精神力、理解力の上に成り立つコミュニケーション力でなければならない資質です。
資格取得者の傾向
心理カウンセラーの受験者の7割が女性が占めています。心理カウンセラーの取得者の傾向として女性が多い点が特筆です。
心理カウンセラーの職場
心理カウンセラーの就職事情はまだまだ厳しいのが現状です。 しかし、悩める現代社会では心理カウンセラーは、それぞれ様々な分野で活躍しています。