心理カウンセラーへの道|資格取得

心理カウンセラーには医療、司法、産業、教育、福祉、研究などの分野に合わせて様々な資格が

 

あります。

 

いずれも高度で専門的な知識を必要とし、中には実務経験を資格試験の受験条件に挙げている

 

ものもあります。

 

・臨床心理士

 

臨床心理士は、臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を扱う専門家で、認定資格の

 

中でも信頼度が高く、高度な知識が必要とされています。

 

臨床心理士は合格には知識と経験も必要なため、取得者の傾向としては教育関係の仕事に

 

従事していた人が多く見られます。

 

臨床心理士は女性の比率が高く、約75%が女性となっていて、女性の受験者が多い傾向に

 

あります。

 

・産業カウンセラー

 

産業カウンセラー養成講座の受講者には、管理職や人事労務担当者などが多く、医療職に

 

加えて総務や人事部門の取得が増えています。

 

また最近では、営業職の取得が増加傾向にあるとも言われています。

 

そして、会社に入ってから産業カウンセラーの必要性を感じて取る人が多いため、平均年齢層は

 

かなり高めになっています。

 

・音楽療法士

 

音楽療法というのは、音楽を楽しみながら体験する療法になり、音楽療法士は音楽を介して

 

コミュニケーションを図り、リハビリテーションなどセラピーを行います。

 

音楽療法士は音楽関係の大学や専門学校などでも資格取得のためのコースが用意されており、

 

教師やプロの演奏家が取得するのが一般的です。

 

しかし、最近では、プロの音楽家や教師だけでなく、音楽療法や臨床心理の専門家を

 

目指す音大生も増えています。

 

この他にも認定心理カウンセラーや日本カウンセラー協会認定カウンセラーと言った資格がありますが、

 

いずれも受験者の7割を女性が占めていて取得者の傾向として女性が多い点が挙げられます。

 

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

資格取得者の傾向関連ページ

心理カウンセラーに向いている人
心理カウンセラーに向いている人は患者が心を開き安心して話ができるよう、少しのことには動じず、いつもどっしりと構えていられる人です。 患者の抱えている問題にすぐに感情移入してしまう人には心理カウンセラーとしては不向きです。
心理カウンセラーに求められる資質
心理カウンセラーに求められる大事な資質はコミュニケーション力です。 しかし、忍耐力、包容力、精神力、理解力の上に成り立つコミュニケーション力でなければならない資質です。
心理カウンセラーの職場
心理カウンセラーの就職事情はまだまだ厳しいのが現状です。 しかし、悩める現代社会では心理カウンセラーは、それぞれ様々な分野で活躍しています。