心理カウンセラーへの道|資格取得

心理カウンセラーという仕事が複雑な社会を背景として一段と注目されるようになりました。

 

しかし企業や公的機関などでは、まだカウンセラーの導入がそれほど盛んに実施されている

 

わけではないので、カウンセラーの就職事情はまだまだ厳しいのが現状です。

 

 心理カウンセラーの求人はいたるところにあるわけではありません。

 

しかし、それでも心理カウンセラーは、それぞれ様々な分野で活躍しています。

 

心理カウンセラーの職場で一般的なのが心療内科や精神科などの病院やクリニック、

 

リハビリセンターなどの医療分野、あるいはカウンセリングルームを設けている企業などになります。

 

主に患者のカウンセリングと心理療法を行います。

 

老人ホームや介護福祉施設などでは高齢者のメンタルケアなどにあたり、身体的な介護を

 

することもあります。

 

保健所や児童相談所、障がい者施設では児童のカウンセリングや、障がい児を持つ親の

 

メンタルケア、また精神障がい者の生活サポートなどを行います。

 

学校の場合は、いじめや不登校に悩んでいる生徒の心のケアをすることはもちろん、先生を

 

対象にしたカウンセリングもあります。

 

現代ではは子供だけでなく、親や先生も多くの悩みを持っています。

 

子供の悩みの原因が親にある場合は、親を対象としたカウンセリングを行うこともあります。

 

進路指導や生徒の相談役として学習塾でも教育に関する助言などを行う教育カウンセラーが

 

活躍する場があります。

 

一般企業の人事や労務、職業紹介施設や人材派遣、人材紹介会社など転職支援関連

 

施設やハローワークなど産業分野など、社員のメンタルケアにとどまらず、最近では人材育成や

 

能力開発を求められる職場もあります。

 

行政機関や福祉、司法機関などでは公務員の専門職として、心理カウンセラーが採用

 

されていますが、毎年採用人数が少ないのに応募者が殺到するので、とても狭き門と

 

なっているのが現状です。

 

心理カウンセリング業界の求人情報のサイト。

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

 

心理カウンセラーの職場関連ページ

心理カウンセラーに向いている人
心理カウンセラーに向いている人は患者が心を開き安心して話ができるよう、少しのことには動じず、いつもどっしりと構えていられる人です。 患者の抱えている問題にすぐに感情移入してしまう人には心理カウンセラーとしては不向きです。
心理カウンセラーに求められる資質
心理カウンセラーに求められる大事な資質はコミュニケーション力です。 しかし、忍耐力、包容力、精神力、理解力の上に成り立つコミュニケーション力でなければならない資質です。
資格取得者の傾向
心理カウンセラーの受験者の7割が女性が占めています。心理カウンセラーの取得者の傾向として女性が多い点が特筆です。