心理カウンセラーへの道|資格取得

心理カウンセラーは、その種類は様々です。

 

・臨床心理士

 

心理カウンセラーの中でも臨床心理士の資格は、特に有名で社会的信頼も高い資格ですが、
それだけに難易度が高くなっています。
臨床心理士の資格を取得しておくと、医療機関や行政機関などでも活躍することができます。

 

・スクールカウンセラー

 

近年のいじめの深刻化や不登校児童生徒の増加など、児童生徒や保護者の抱える悩みを受け止め、
学校におけるカウンセリングを行います。
スクールカウンセラーになるには、臨床心理士、精神科医、大学教員の資格などが必要です。

 

・産業カウンセラー

 

働く人たちが抱えるさまざまな問題に対しての相談に応じ助言を与え、メンタルケアを行うのが
産業カウンセラーの主な仕事となります。
産業カウンセラーは初級〜上級の区分が初級=産業カウンセラー、 中級=シニア産業カウンセラー、
上級=キャリア・コンサルタントに変更されました。

 

・認定心理士

 

認定心理士は心理学の基礎資格であり、大学での心理学の履修証明です。
心理系大学院を受験する場合受験者要件になってる場合がある。

 

・音楽療法士

 

音楽療法士は認知症、精神疾患、事故による脳障害や後遺症、脳性麻痺、自閉症などを
抱える患者に対し、音楽を通したコミュニケーションを図るものです。

 

・交流分析士

 

人間関係に着目し、その傾向からより良い対人関係へと導く心理療法です。

 

・行動療法士

 

行動療法とは人間が知らず知らずのうちに身につけている習慣のうち、考え方の癖、価値観などの
認知のゆがみを改善する事を目指すものです。

 

・精神対話士

 

孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている患者に寄り添い、暖かな対話を通して前向きに生きる気持ちを
引き出すことを目的として、人生に生きがいを持ち、よりよい生活を送れるよう精神的な支援を行う
心の訪問ケアの専門職です。

 

・メンタルケア心理士(R)

 

ストレス社会の現代は、現代病と呼ばれる、不眠症・パニック障害・うつ病などの疾患を引き起こす
ほどの心的負担を皆それぞれが抱えています。
メンタルケア心理士(R)は悩みを抱えている人の心の健康を保つための健康アドバイザーと
言える人です。
メンタルケア心理士は“メンタルケアセラピスト”や“メンタルケア心理専門士”とも称されています。

 

メンタルケア心理専門士の受験資格が得られる講座

ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

 

心理学を学んでいなくても講座を終了すると受験資格が得られます。

 

何よりも「分かりやすいテキスト」を使っての講座です。

 

臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習です。

 

短期間でメンタルケア心理士の資格の取得を見込めます。

 

心理カウンセラーに必要な自己分析をする講座にも参加できます。

 

ヒューマンの通信講座の詳しい資料はコチラをクリック!

心理カウンセラーの資格の種類関連ページ

心理カウンセラーの資格取得方法
心理カウンセラーの資格取得には、受験資格を得るまでが大変です。 心理カウンセラー資格認定団体の講座を履修することで得られる資格もあります。
独学で資格試験の勉強
心理カウンセラーのいずれの資格も専門性が高くまた実務経験を必要とするものがほとんどです。 大学および大学院での履修が心理カウンセラー資格取得の受験には 必要で、独学では取得できないものがあります。
通学が必要な資格
より専門的な心理カウンセラーの資格を取得するには専門的な知識を求められるため、大学や大学院で心理学を学び、実際に臨床経験を積むことが重要です。
通信教育での試験勉強
大学や大学院の通信教育を受けることで、受験資格を得ることもできます。 心理カウンセラーの資格の中で、メンタル心理カウンセラーという、通信教育でのみ受講可能な検定試験もあります。