クレジットカード初心者のマネー管理

クレジットカード初心者のマネー管理

クレジットカードの利用で初心者は返済能力を超えないマネー管理が必要

メ ニ ュ ー

最 新 の 記 事


マネーを借りる・キャッシング

キャッシュレス生活|電子マネー

クレジットカードでキャッシング

電子マネー「Edy」のサービス

クレジットカード初心者のマネー管理

「おサイフケータイ」と電子マネーとマネー

電子マネーが生活スタイルをかえる

クレジットカードのトラブル発生!

マネー管理が危ない!何でも買えるクレジットカード!


マネーに比べて、クレジットカードほど便利なものはありません。

クレジットカードを使えば、財布の中身のマネーから使える限度額の意識が薄くなって 何でも買えるように

思えて、まるでジョーカーをもっているような錯覚に陥ります。

マネーでの買い物と違って、クレジットカードを使い始めるとつい気分が大きくなって衝動買いをしがちです。


それを防ぐには自分なりのクレジットカードの使用限度額を決めておくことです。

クレジットカード会社はクレジットカード発行に際して、30万円とか50万円といった クレジットカードの

使用限度額を設定してくれます。

気の向くままに、クレジットカードを使っていたのではやがて返済能力をオーバーして借金漬けになって

しまいます。

まず、クレジットカードをもったなら、毎月の給料の中でクレジットカードで使える額がどれくらい割当られるかを

考えるべきです。

目安としては、月給の2割から3割です。30万円の月給なら6万円から9万円が限度でしょう。

クレジットカードでの使いすぎとマネーと違う不正利用の怖さ


クレジットカードを使うと月の半ばから後半にかけて明細書が送られてきます。

次の支払い日にはいくら引き落し額が記載されています。

必ず明細書をみて自分が払う金額を引き落し期日までに銀行口座に用意しておく習慣が必要です。

そして、明細書にはクレジットカードの利用履歴も記載されていますから、それを忘れずにチェックします。

身に覚えのない利用があったときにはすぐにクレジットカード会社に連絡することです。

第三者があなたのクレジットカードを偽造して不正に利用している危険性があります。


マネーとクレジットカードの怖さの違いがあります。

マネーは失えばそれまでですが、クレジットカードは自分の知らないところで不正をされている不安と、

それが何時まで続くのかの不明さの不安です。

また、不正利用をされて多額の損失をこうむっては何にもなりません。 不正利用などの保険きちんと

ついているクレジットカードを選びたいものです。

ショッピング保険やカード盗難保険についても考える必要があります。

マネーにはない、クレジットカードのリスク


クレジットカードの利点ということで、マイルへの交換を目的としてクレジットカードでポイントを集めている人は

たくさんいます。

マネー払いで物を買うより、クレジットカードを使うと、ポイントは1000円利用で1ポイントといったルールで

貯まります。

ところが、1000円以上利用しないと1ポイントも獲得できない仕組みです。

そのため無理矢理、余分ないらないものを買ってポイントを集めようとする人が後を絶ちません。

マネー管理を忘れてポイント集めに熱中すれば、どうしてもクレジットカードの使いすぎになって、借金苦に

悩むことになります。

クレジットカードの支払いには、一括払い、分割払い、リボルビング払いがあります。

一括払いは、金利手数料は一切、かかりません。

買い物の時点でマネーの持ち合わせがなかったとき、 通常、1ヶ月から2ヶ月後の支払い期日に一括して

買い物代金を支払うという方法です。

分割払いは購入した代金を何回か・・・2回、3回〜10回、などに分けて支払う方法です。

何回に分割するかは、自分で設定します。

高額な買い物をする場合などに便利です。

ただ、一括払いしか認めて販売店があります。 問題はリボルビング払いです。

リボルビング払いは、「リボ払い」と呼ばれ、毎月の支払い額を設定し、 月々一定の金額を支払うと

いうものです。

リボルビング払いには、元金に金利(手数料)が加算されます。 ローン返済のような状況です。

なかには3000円以上の利用をした場合は、自動的にリボルビング払いになるというカードもあります。

知らずに使うと金利(手数料)がどんどん付いてきます。

審査が簡単ですぐに持てるクレジットカードでコンビニ発行のカードです。

さらに、年会費無料のうえ、フリーターや派遣の人でも入会できるので、若者の間では人気になって

いますが・・・・。

クレジットカードの支払いにリボルビング払いを選択する場合はよくよくの注意が必要なのですが・・・。

Copyright (C) money All Rights Reserved.