電子マネーが生活スタイルをかえる

電子マネーが生活スタイルをかえる

電子マネーは生活の核になり、その機能は生活スタイルを変えてしまう。

メ ニ ュ ー

最 新 の 記 事


マネーを借りる・キャッシング

キャッシュレス生活|電子マネー

クレジットカードでキャッシング

電子マネー「Edy」のサービス

クレジットカード初心者のマネー管理

「おサイフケータイ」と電子マネーとマネー

電子マネーが生活スタイルをかえる

クレジットカードのトラブル発生!

電子マネーがテレビ番組通販の要に


電子マネーとは、例えば、通常、物を買った時の支払いは紙幣や、硬貨を使います。

これは貨幣という物品によってやり取りされていたわけです。

これに対して、物を買った時の支払いを電子的なデータ(および通信→データ通信)によって決済する方法が

電子マネーになります。

2007年は電子マネー普及元年といわれて、主な規格が出揃いました。

そして2008年は電子マネー利用元年となりました。

電子マネーは大都市から地方へ波及し、マニアから一般の人へと電子マネーの輪が急速に広がっています。

こうなってくると5年後の社会では、この電子マネーが生活のなかでどうなっているのか気になるところです。

5年後の2013年には、電子マネーが私たちの生活の主役になって、私たちの生活を大きくかえてしまって

いるのではないでしょうか。

そのキーポイントは、2011年の地上波デジタル放送の本格化のような気がします。

各家庭のテレビがすべて地上波デジタル放送になると、インターネットとテレビ番組の融合によって、

テレビの楽しみ方が大きく変わってくると思われます。

ネットショッピングとテレビ通販が当然のように結合され、テレビ番組の中から好きな品物を購入することが

できるようになります。

ドラマの主人公が身につけているアクセサリーが欲しくなったら、クリックするだけで購入できて、

後は注文の品物が宅配便で届くのを待つだけという生活になります。

その決済に安全性に優れた電子マネーが使われるようになるでしょう。

電子マネー対応の携帯にシフト


電子マネーが広がって、5年後には、おそらく日常の生活で電子マネーを主体にした生活になっているので

しょう。

近所のコンビニや、スーパーで電子マネーを使ったとすると、翌日から毎日のように携帯電話に商品情報の

メールが届くようになるでしょう。

今のインターネットでさえ、アドレスが判ると、毎日のようにメールが届くのですから、当然でしょうね。

「本日のお買い上げのポイントは3倍」「新鮮野菜を先着30名さまに○○で提供します」といった売り出し

情報や、極秘販売情報を送ってきます。

その店で買い物をしないと損をした気にさせるでしょう。

特に主婦は新聞にはいっているチラシを見ることから、 携帯メールをみて毎日の献立を考えるように

変えるかもしれません。

またさらには、端末機に電子マネーをかざすとクーポン券やポイントが自動的にカードや 携帯電話に

送りこまれるといったサービスも本格化するのでしょう。

店側は、この端末を基点にしたマーケティングによって、リピート率をあげ売上を増やすことを期待する

ようになるはずです。

また、携帯電話の利点は、複数の電子マネーを入れることができると同時にチケットや鍵、 本人認証、

メンバーカード、クレジットカードなどとしても使えることです。

たとえば、市民ホールのコンサートに行きたいという時に、まずインターネット経由でチケットを予約します。

携帯電話の電子マネーで支払いをしますと、携帯電話にチケットが送られてくると共にホールそばの

喫茶店のクーポン券まで送られてきます。

当日にはその携帯電話に入っているSuicaを使ってJRと地下鉄を乗り継ぎ、会場に行くのですが、

時間が余れば、近くの喫茶店に入ってクーポンを使ってお茶を飲めます。

いよいよ時間となれば会場のゲートに携帯電話をかざして入場できるのです。

このように携帯電話ひとつですべてが済むようになるのですが、電子マネーが核になっていることで

可能になっています。 5年後には電子マネーのカードから、電子マネー対応の携帯電話の比率が増えて

いくようになっているでしょう。

電子マネーは新決済ツールとしてどんどん普及が進んでいます。


電子マネーはソニー株式会社の出資でプリペイド型電子マネーサービス「Edy」が2001年から先行していた。

また2004年から携帯電話各社の端末に「おサイフケータイ」と名づけて業容を伸ばしてきた。

一方、東日本旅客鉄道株式会社のSuicaの電子マネーとしての利用は、当初JR東日本エリア駅構内での

物品販売の混雑緩和やスピーディーな買い物に活用する事を狙いとしてスタートした。

「Edy」は、「Suica」に比べ利用可能なショップも多く、なんといっても利用可能なコンビニが多いため、

「Suica」よりユーザへの門戸が広い印象を受けます。

しかし、首都圏の私鉄・バス共通の「PASMO」や「イトーヨーカ堂」や「セブン-イレブン」のおサイフケータイに

対応した「nanacoモバイル」が登場することによって、 愈々、キャッシュレスの幕開けになったようです。

各電子マネーの機能を融合すると、日常の生活環境は凄い様変わりになります。

仕事中にちょっと席をはずして、コンビニにおやつの買出しに…。

そんなときも、財布を持ち歩くより、携帯片手にさっと席を立つというスタイルが目につくようになります。

バス・私鉄・JR・新幹線のICカードを利用した乗車システムのサービスで電子マネーを携帯に入れると

通勤からビジネス出張まですべてクリアされます。


Copyright (C) money All Rights Reserved.