アウトレット店ではブランドの衣料品やアクセサリーの流行遅れや売れ残り、傷もの商品などを格安で販売しているというィメージが強く持たれていました。

しかし、欲しかったブランド品が安く買えるとか、何かイベントがあるとか、あるいはリゾート感覚で買い物ができるというアウトレットに対する期待感を持つ方も多いようです。

アウトレットモールの発祥はアメリカです。
アメリカの流通業界での在庫処分店としてのアウトレットストアが集ったショッピングモールが始まりでした。

日本で最初に出来たのは、アウトレットモール・リズムです。
アウトレットモール・リズムは、1993年に埼玉県入間に開業し、その後、全国あちこちにアウトレットモールが誕生し、今では全国で30店舗以上があります。

さらに、この後も2012年に千葉県木更津市や、岡山県倉敷市にもオープンが予定されています。

アウトレットモールは、都心部の流通店舗との競合を避けるため、高速道路や新幹道路沿いに建設されることが多く、低価格商品を求めアウトレットモールへ訪れる人は年々増加してきています。

アウトレット店舗の形態には、2種類あります。 一つは小売店がメーカーから仕入れて販売するリテールアウトレットと、もう一つはメーカーが直接販売するファクトリーアウトレットです。
リテールアウトレットでは掘り出しものの輸入品に出会うこともあるようです。

多くのアウトレットモールは、広々とした自然や環境に溶け込んだ開放的な施設で、外国の町並みや独特の雰囲気を取り入れた空間を演出しています。

そして、フードコートなどの飲食施設やアミューズメント施設などが併設されており、夫々の地域や店で特徴ある展開をしています。