牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣ブランド > 牡蠣の二大養殖地

牡蠣の二大養殖地

牡蠣は、自然からの贈り物とも言えるほど美味しくて栄養たっぷりの食材です。
牡蠣を買う際には、どこで獲れた牡蠣なのかが気になる人も少なくないことでしょう。

日本では広島県と宮城県が牡蠣の養殖で有名ですが、これらの漁場に共通している点は、牡蠣の餌であるプランクトンが豊富にあることです。

特に広島産の牡蠣は、日本の生産量の50%以上を占めるトップブランドです。
「美味しい牡蠣、良質の牡蠣=広島産」というイメージが浮かぶのではないでしょうか。

広島県は牡蠣の養殖が始まった場所であり、広島県沿岸の塩分濃度、海水温度は牡蠣が育ちやすいと言われています。それと、波や塩の流れが穏やかなのも、牡蠣にとっては良い環境です。これは前述の通り、プランクトンが増えやすい環境であるとも言えます。

また、宮城県沿岸も牡蠣の養殖に適した漁場です。宮城県の海岸にはリアス式になっている部分があり、そのような場所には複数の川が流れ込んでいきます。この状況もプランクトンを増やすことにつながり、結果的に牡蠣もよく育つのです。

ただし、いずれの漁場においても、漁場の環境が良いというメリットだけでは質の高い牡蠣を生産することはできません。
生産者が何十年もの時間をかけて培ってきた養殖の技術や絶え間ない努力がなければ、私たちが美味しい牡蠣を口にすることはできなかったことでしょう。

広島県産牡蠣もも宮城県産牡蠣も有名ですので、是非その風味を楽しんでみてください。

関連コンテンツ

海外で有名な「クマモト・オイスター」

もともとは日本で養殖されていた牡蠣であったのに、海外での養殖の方が盛んになり、さらに海外での人気の方が高い牡蠣があります。 それが「クマモト・オイスター」と呼ばれている牡蠣です。 この名称・・・

ブランドの牡蠣

牡蠣の旬の季節には「ブランド牡蠣」をぜひ一度試していただきたいものです。 「的矢(まとや)かき」 三重県志摩市にある的矢湾で生産されている牡蠣です。 2001年(平成13年)に三重ブラン・・・

牡蠣の種類

牡蠣が食べられるシーズンを待ち望んでいて、牡蠣を大好物にしている人でも、牡蠣にはいろいろな種類があるのを知っていル人は少ないものです。 牡蠣を食べる楽しみもさることながら、牡蠣の種類を知るのも、・・・


「牡蠣の二大養殖地」のトップへ↑
「牡蠣レシピ」のトップへ↑