牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣ブランド > 海外で有名な「クマモト・オイスター」

海外で有名な「クマモト・オイスター」

もともとは日本で養殖されていた牡蠣であったのに、海外での養殖の方が盛んになり、さらに海外での人気の方が高い牡蠣があります。

それが「クマモト・オイスター」と呼ばれている牡蠣です。

この名称からも分かるように、「クマモト・オイスター」の原産地は熊本県です。
しかし実は、日本ではいったん養殖がストップしています。

現在では、養殖が行われていた当時の輸出先であったアメリカ・シアトルやカナダで養殖が続けられています。
養殖の場が海外に移っても、なお「クマモト・オイスター」と呼ばれているこの牡蠣は、アメリカを始めとした海外ではとても有名です。

牡蠣の粒は親指ほどの大きさで、ホワイトソースのようにクリーミーな舌触りと濃厚な風味が特徴です。

そのため、「クマモト・オイスター」は、レモン汁をかけるだけのシンプルな食べ方が向いていると言われています。また、海外においては「幻の牡蠣」「プレミアオイスター」などと称され、牡蠣好きの人々に珍重され続けてているのです。

このように日本の熊本で生まれながら海外で養殖されることになり、また、海外での知名度の方が高いのは、とても残念なことです。

しかし最近では、熊本でも再び牡蠣の養殖を始めました。
現状では、ほぼ海外産となってしまった「クマモト・オイスター」ですが、いつの日にか発祥の地である熊本で養殖されたものを味わう日がくるはずです。

本場の「クマモト・オイスター」を楽しみに待っている牡蠣好きの人々は、たくさんいるのではないでしょうか。

関連コンテンツ

牡蠣の二大養殖地

牡蠣は、自然からの贈り物とも言えるほど美味しくて栄養たっぷりの食材です。 牡蠣を買う際には、どこで獲れた牡蠣なのかが気になる人も少なくないことでしょう。 日本では広島県と宮城県が牡蠣の養殖で有・・・

ブランドの牡蠣

牡蠣の旬の季節には「ブランド牡蠣」をぜひ一度試していただきたいものです。 「的矢(まとや)かき」 三重県志摩市にある的矢湾で生産されている牡蠣です。 2001年(平成13年)に三重ブラン・・・

牡蠣の種類

牡蠣が食べられるシーズンを待ち望んでいて、牡蠣を大好物にしている人でも、牡蠣にはいろいろな種類があるのを知っていル人は少ないものです。 牡蠣を食べる楽しみもさることながら、牡蠣の種類を知るのも、・・・