牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣料理 > 子供も食べられる牡蠣料理

子供も食べられる牡蠣料理

牡蠣は独特の苦みや食感をもつ食材です。
大人にとっては牡蠣のこれらの風味がたまらない魅力なのですが、子供はこの風味を好きではないと敬遠する場合もよくあります。

しかし牡蠣は栄養が豊富な食材です。そして、旬の季節であれば子供にも味わわせてあげたいものですが・・・・。
また、せっかく同じ食卓で食事をするのに、大人だけが食べるのも味気ないものです。

そこで、子供にも抵抗なく食べることができる牡蠣料理をご紹介します。
子供が旬の牡蠣を食べてくれると、皆で揃っての食卓ですから、より美味しく料理を味わうことができるはずです。

子供にお勧めの牡蠣料理としては「マヨネーズ味噌チーズ焼き」があります。
作り方は、殻付きの牡蠣の上に「マヨネーズ・味噌・おろしにんにく」を混ぜたものを塗って、オーブンで焼くだけです。

牡蠣は、いったん殻から身を外してよく水洗いし、殻に戻して使います。
もし殻付きの牡蠣がなければ、むき身の牡蠣をアルミホイルにのせて焼くと良いでしょうね。

一番上には粉チーズを振りかけて、表面がこんがりとなるまで焼きます。この時に、バジルを振りかけると大人向きの風味に仕上がります。

なお、殻付き牡蠣の場合は、殻がかなり熱くなるので、オーブンから出す時には十分、火傷に気をつけてください。

子供に嫌われがちの牡蠣でも、マヨネーズやチーズなど、子供の好む食材を合わせることで、子供の牡蠣に対する抵抗もなくなるのではないでしょうか。
ひと工夫した牡蠣料理を子供に出してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

牡蠣のホイル焼き

「牡蠣のホイル焼き」のご紹介です。 むき身の牡蠣とお好みの野菜を組み合わせて、アウトドアでも美味しい牡蠣料理を楽しめます。 牡蠣のホイル焼きは、アルミホイルに野菜を敷いて牡蠣をのせるだけです。・・・

ピリ辛の牡蠣料理

疲れ気味の時などは、ピリ辛料理で食欲をアップさせることも必要かもしれません。 ピリ辛の味付けで牡蠣を楽しんでみてはいかがでしょうか。大人だけでの食事になるようではありますが・・・・ ピリ辛の牡・・・

牡蠣の郷土料理「かきおこ」

牡蠣料理のレシピをひと通りやってみたという人には、牡蠣の産地で作られている郷土料理をご紹介します。 郷土料理として古くから楽しまれている料理であっても、その地域以外の人にとっては以外と目新しい料・・・

土手鍋で牡蠣を味わう

牡蠣の産地として有名な広島県には「土手鍋」という郷土料理があります。 これは鍋の内側にグルッと「味噌の壁」を作って、その鍋に野菜や旬の魚介類を入れる料理です。 魚介は牡蠣の他にアサリ、ホタテ、・・・

タイの牡蠣料理「ホイトード」

牡蠣は世界中で親しまれている食材で、その料理法も国や地域によって様々になっています。 一般的な和食、洋食、中華に限らず、様々な料理法や調味料を加えることで、全く違う雰囲気にできあがることも少なく・・・

お酒によく合う「牡蠣のソテー」

牡蠣は様々な料理で食卓におかずとして並ぶことが多いのですが、酒の肴としても親しまれています。 「お酒と牡蠣の組み合わせは最高」という人も多いのではないでしょうか。 どのように調理しても美味・・・

牡蠣フライの調理のコツ

牡蠣を使った料理では、牡蠣フライを挙げる人が最も多いのではないでしょうか。 家庭の食卓でもレストランでも、定番とも言える牡蠣料理です。 しかし家庭で牡蠣フライを作っても、いま一つ満足できる・・・

誰でも食べられる牡蠣料理

牡蠣が好きという人はとても多いのですが、一方で苦手だという人も結構います。 その理由としては、風味の他に「見た目」「食感」などが挙げられるようです。 しかし牡蠣は調理の仕方によっては、別のもの・・・

酒蒸しで牡蠣を味わう

簡単で美味しい牡蠣の食べ方の一つに「酒蒸し」があります。 これはもともと漁師さんたちがよくやる調理法なのですが、テレビなどで紹介されることも多いので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。 酒蒸し・・・

臭みをなくして美味しく牡蠣を食べる

様々な料理を楽しむことができる牡蠣ですが、中には臭みが気になって敬遠しがちな人もいるようです。そのような場合には、調理の下ごしらえの一つとして牡蠣の臭み取りをしましょう。 牡蠣を食べる際に、ひと・・・

お父さんに好まれる牡蠣料理

子供から大人まで、広範囲に好まれている牡蠣ですが、家庭料理の中では、お父さんにとってはちょっと物足りないなんてことがあるようですね。 お父さん向けの牡蠣料理レシピのご案内です。 「牡蠣のチリソ・・・