牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣料理のソース > 手軽に使えるオイスターソース

手軽に使えるオイスターソース

中華料理を食べに行くと、「○○のオイスターソース炒め」という料理が必ずあります。
また、家庭でもオイスターソースを常備していて、肉や野菜を炒める時などに使っている人も多いことでしょう。
オイスターソースを使うと、食材に牡蠣の美味しさが加わって本格的な味わいになるのです。

例えば、いつもの焼きそばにオイスターソースが加わると、広東風の焼きそばになります。

これは、普通の焼きそばソースをオイスターソースに替えるだけなので、とても簡単ですが、いつもとは一味違う焼きそばを楽しむことができます。
また、イカやエビなど、様々な魚介類を加えるのも良いでしょう。

このオイスターソースの発祥の地は中国の広東省という説があります。中国において、まだ牡蠣を生で食べる習慣がなかったずっと昔、牡蠣は干して食べていました。
その干し牡蠣作りにおいて、牡蠣を浸した時にできた上澄み液がありました。
旨みが閉じ込められた、その上澄み液を料理に使い始めたのがオイスターソースの由来と言われています。

そして現代では、下茹で後の煮汁に砂糖・でんぷん・小麦粉、その他調味料を入れて作るようになりました。

牡蠣が好きな人は、牡蠣そのものだけではなく、ちょっとした料理でも牡蠣の風味を楽しみたいと考えます。

オイスターソースなら、牡蠣が手に入らなくても手軽に牡蠣の美味しさを味わうことができるので、とても便利です。
様々な料理に応用できるので、常備しておくことをお勧めします。

関連コンテンツ

牡蠣を味わう色々なソース

牡蠣フライや牡蠣鍋などは、誰もが認める牡蠣料理の定番です。 牡蠣を食べるなら、まずはこれらのメニューという人も多いことでしょう。 また、生牡蠣が好きという人もかなり多いのではないでしょうか。 ・・・

味わいを深める「牡蠣味調味料」

野菜や肉などを炒める時に、牡蠣の風味を出すためにオイスターソースを使う人も多いことでしょう。 オイスターソースとは塩茹でした牡蠣の煮汁を煮詰めた調味料で、これを使うと中華風の料理を手軽に作ることがで・・・