牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣ノウハウ > 牡蠣を保存する

牡蠣を保存する

牡蠣などの魚介類は特に、新鮮なうちに食べ切ることができる分だけ買うのが望ましいのですが、時には、スーパーで多めに買ってしまったり、通販のお取り寄せなどを利用すると、大きなパッケージで届くこともあるでしょう。

そのような場合には適切な方法で保存をすれば、ある程度は美味しく牡蠣を食べることができます。

まず、一般的によく利用されている「むき身の牡蠣」ですが、食べる分だけを袋やパックなどから取り出して、あとはそのまま冷蔵庫に入れます。また、はじめから入っていた水は捨てずに、その水の中で牡蠣を保存をします。

なお、牡蠣を袋ごと冷凍するのも一つのほうほうですが、冷凍した牡蠣を食べる時には生食はしないで、必ず加熱をすることが大切です。

冷凍のアイデアとしては、牡蠣フライの状態にして冷凍するのもお勧めです。
衣も全てつけた状態で作り置きをして油で揚げるだけにしておけば、いつでも美味しい牡蠣フライを味わうことができます。とても便利なので是非やってみてください。

それから、殻付きの牡蠣については、そのまま密閉して冷蔵庫に保存します。牡蠣はすぐに乾燥してしまうので、保存の際には殻を開けてはいけません。また、殻付きの牡蠣も冷凍できます。殻ごと一つずつ袋などに入れて冷凍します。

美味しい牡蠣を食べるためには、正しい保存方法を覚えることも大切です。
また、賞味期限をきちんと守る、あるいは賞味期限をすぎたら生食はしないなど、気をつけて扱うことを心がけることが大事です。

関連コンテンツ

牡蠣の殻を開ける方法

殻付きの牡蠣を豪快に生で食べるのが好きという人も多いのではないでしょうか。 しかし牡蠣の殻を開けるのは意外と難しく、なかなか開かなかったり、無理して開けようとして手を切ってしまう場合もあります。・・・


「牡蠣を保存する」のトップへ↑
「牡蠣レシピ」のトップへ↑