牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣にあたる > 気をつけたい牡蠣の細菌

気をつけたい牡蠣の細菌

よく「牡蠣を食べてあたった」という話を耳にします。

牡蠣を食べた後に激しい下痢や腹痛、嘔吐などを起こすことですが、これは牡蠣が持っている細菌のせいです。

牡蠣が細菌を持ってしまう原因の一つはプランクトンにあります。
牡蠣は海水中のプランクトンを食べるのですが、中には毒性があるプランクトンも存在していて、その毒が牡蠣の中に溜まります。

また、海水中に存在してる細菌を摂り込んでしまっていることもあります。
よくあるのが「大腸菌」で、これが人間の体内に入り込むことで激しい下痢や腹痛を引き起こすことがあります。

ただ、大腸菌は一定の温度と時間で加熱をすると死滅します。

それから、やはり激しい下痢、そして嘔吐を起こすのが、2000年頃から注意喚起されるようになった「ノロウイルス」です。
ノロウイルスも加熱することでなくすことができます。

保健所によると、「85℃以上、1分以上の加熱」で死滅します。牡蠣に限らず、二枚貝の種類は気をつけなければいけません。

また、日本ではあまり聞きませんが、「赤痢菌」が付着することもあります。韓国では牡蠣の赤痢菌で多くの人が感染した例があります。

このように、牡蠣には細菌が付着している可能性もありますが、最近はしっかりと処理をしたものが流通しているので、過度な心配は必要ありません。

例えば紫外線で殺菌をしたり、殺菌した海水で処理をしたりします。また、その他の処理法の研究も進んでいます。

家庭で食べる際にはしっかりと加熱をすることなどが、安心して牡蠣を食べる一番の方法でしょう。

関連コンテンツ

牡蠣アレルギー

牡蠣が好きでよく食べるものの、いつもお腹を壊したり具合が悪くなってしまう人もいます。 中にはジン麻疹が出ることもあります。 牡蠣は食中毒を起こしやすい食材なので、食後に体調を崩すと、ほとんどの場・・・