牡蠣レシピのTOPに戻る
「牡蠣レシピ」トップ >  牡蠣にあたる > 牡蠣アレルギー

牡蠣アレルギー

牡蠣が好きでよく食べるものの、いつもお腹を壊したり具合が悪くなってしまう人もいます。 中にはジン麻疹が出ることもあります。

牡蠣は食中毒を起こしやすい食材なので、食後に体調を崩すと、ほとんどの場合は「あたってしまったんだろう」と片付けがちです。

また、「加熱が足りなかったせい」「体調がいま一つだったせい」などと判断して済ませてしまうことも多いようです。

しかし実は、そのような食後の不調は食中毒ではなく、牡蠣アレルギーが原因の可能性もあります。

アレルギーといえば、卵・乳製品・大豆製品などのイメージが強いのですが、その他の食材でもアレルギー反応が出るケースも多いのです。

牡蠣に対してアレルギーがある場合には、牡蠣そのものはもちろんのこと、牡蠣のエキスにも反応します。そのため、見た目では牡蠣は入っていない料理でも、煮汁や調味料に牡蠣エキスが含まれていると、身体はアレルギー反応を起こします。

いつ、どのようにして牡蠣を食べても下痢や嘔吐、あるいはジン麻疹が出るなどの症状がある人は、血液検査を受けることをお勧めします。
アレルギーがあると知らずに、しょっちゅう牡蠣を食べていると、やがて過剰反応を起こしてしまうかもしれません。

また、「牡蠣を食べて不調が出るけれど、症状が軽いから大丈夫」などと軽く考えて放置していると、他の食材に対してもアレルギーを起こすこともあります。

自分の身体についてきちんと把握して食事をすることは、とても大切なことなのです。

関連コンテンツ

気をつけたい牡蠣の細菌

よく「牡蠣を食べてあたった」という話を耳にします。 牡蠣を食べた後に激しい下痢や腹痛、嘔吐などを起こすことですが、これは牡蠣が持っている細菌のせいです。 牡蠣が細菌を持ってしまう原因の一つ・・・


「牡蠣アレルギー」のトップへ↑
「牡蠣レシピ」のトップへ↑