ガーデニング 寄せ植えを楽しむのTOPに戻る

寄せ植えのコツでガーデニング

ガーデニングを長年している人の庭には、いろいろな工夫がしたあり、その家の人の庭ならではの趣があります。

ガーデニングを長年している人は、季節に合った花の種類や花の苗の選び方はもちろん、水やりの方法、花の病気の対処法などもほぼ分かってきて、ガーデニングの寄せ植えは、まるでプロが作ったかのような美しさを表しています。

また、そのガーデニングはいろいろな花やグリーンをうまく配置して寄せ植えしてあり、プランターなども普通のものではなく、おしゃれなテラコッタや木製のたる、和風の鉢などを使っていたりします。

ガーデニングの寄せ植えは、「寄せ植えを良く見せるコツ」をつかめば結構簡単にできます。

例えば、春らしさをイメージすると、ガーデニングに向いているのはピンクや黄色の花を思い浮かべますが、そこをあえてブルーや紫をメインに使った寄せ植えを考えます。

春ならビオラやパンジー、マーガレットなどがあります。
大きめの木製のたるか丸型のテラコッタに背の高いマーガレットを後ろに、ビオラやパンジーを前に植えます。

寄せ植えのコツは花の性質を理解して、花の咲いた状況を見越して、デザインを描くことにありますね。