庭木の手入れ・剪定用具

脚立

高い位置の剪定や高垣のなどの刈り込みには脚立やはしごが必要です。
剪定の際にとても役に立つのが園芸用のです。
庭木の手入れでは3本脚の脚立が樹木の近くに位置取りができるので適しています。
植木や庭石などの障害物があって4本脚の脚立を立てることができない場所でも、3本脚の脚立なら立てることができます。
地盤が土の所では3本脚の脚立の方がバランス良く、また、ロープフックがついていますので脚立を丈夫な立木などにロープで固定します。
一般的な4本脚の脚立は庭木の手入れには不向きです。

 

スコップ

苗木を植え付けるときに、植える穴を掘るのに必要です。
刃先が尖った形状のスコップが適しています。
スコップは土作業には必需品です。

 

噴霧器

防虫害防除の薬液を霧状にして散布するのに使います。
噴霧器は家庭で使うには手動式(蓄圧式)か電池・充電式で選ぶのがいいでしょう。

 

畜圧式はある程度高い所とか距離が必要な場合に威力があります。
ノズルは4段式の伸縮できるのがいいでしょう。

 

また、噴霧器は除草剤用とは別にした方が安全です。

 

噴霧器で薬液を散布するときには隣家等への配慮が必要です。

 

「希釈濃度を守ること」が大切ですです。極端に高い濃度で散布すると植物にも影響を与える場合があります。
  大事な樹木にたいして薬液の濃度を守ることが大事です。。
「水での希釈した薬液は保管せず使いきります。」
  「常に使用するときに新たにつくる」ことです。
  通常水で希釈した薬液は保存が出来ません。