レインコートの季節のTOPに戻る
「レインコートの季節」トップ >  子供のレインコート > 子供の通園通学に選ばれるレインコート

子供の通園通学に選ばれるレインコート

レインコートのタイプは子供の成長と共に選ぶのが変ってきます。

幼稚園などの頃は、大人と一緒の通園が多く、危なく感じられることは大人が避けることができるので、機能面よりデザインなどを重視してレインコートを選んでも問題はありません。

しかし、子供だけで通学するようになると、安全面に優れた物や使い勝手が良いものを選ぶようにかわってきます。

通学する子供はランドセルと背負って、さらに手提げバックも持つようになります。ランドセルや手提げバックが濡れないように、背中にマチが付いているレインコートを購入するようになります。

また、レインコートの丈にも気配りが必要です。

レインコートは着る機会が少ないうえに、子供の成長が早いので買い替えの心配から大きめのサイズのレインコートを買う傾向にあります。

これは、子供の安全面から考えると大きな間違いで、すその部分を踏んで転倒してしまう恐れがあります。

また、大雨の時にかぶるフードの部分は視界を妨げないように透明になっているレインコートを選んであげます。

また、レインコートの加工方法には撥水加工と防水加工があり、どちらの製品にも一長一短があります。

撥水加工は撥水剤が使われたもので、雨が内側にしみこんで来るのを防ぐことができますが、徐々にその効果は使用しているうちになくなってしまいます。

レインコートを着ていると、汗をかいて蒸れてしまうのを嫌がる子供もいます。この面でも撥水加工と防水加工の違いがあります。

撥水加工のレインコートは、水蒸気は通すので蒸れの心配はありません。
防水加工は傘などにも使われている加工法で、水を完全に通さないのが利点ですが、水蒸気も通さないので蒸れるのが難点です。
関連コンテンツ

オシャレな子供のレイングッズで雨の日も楽しく

最近の子供のレインコートはかわいらしいデザインのものも多く、子供のレインコートは交通安全になぞらえた黄色のワンパターンから随分変わってきています。 今や、レインコートでありながらワンピースを着て・・・

子供のレインコートブランド

子供用のレインコートも今では大人のレインコートよりたくさん販売されていて、いろいろなブランドでも作られています。 中でもファミリアは、子供用のレインコートでもシンプルで品のあるデザインが、多くの・・・

子供に人気サンリオのレインコート

雨の日に幼稚園児や小学生の低学年などの通園通学風景を見ていると、サンリオのレインコートを着ている子供を見かけます。 レインコートだけでなくブーツや傘など、全てをサンリオのキャラクターで統一してい・・・

子供のレインコート

雨の日はなかなか外出する気になれず、ついつい家にこもりがちになります。ところが、そんな大人と違って、子供は雨の日が結構大好きなのです。 出かける用事がなくても傘や長靴やレインコートを着て外で遊ん・・・