レインコートの季節のTOPに戻る
「レインコートの季節」トップ >  自転車のレインコート > 自転車用レインコートの特徴

自転車用レインコートの特徴



レインコートと一口に言ってもその種類は様々で、普通に歩いている時に着るタイプと自転車専用のタイプではレインコートの特徴が変わってきます。

もちろん、普段歩く時に使用しているタイプのレインコートで自転車に乗っても支障はありません。
しかし、自転車専用に作られているタイプの方が濡れることなく、しかも安全に自転車に乗ることが出来ます。

歩くときに使用するレインコートのタイプは、ボタンかファスナーで前を留めています。

ところが、自転車専用に作られているレインコートは風や雨が中に入らないように、ファスナーをしてからその上に合わせボタンで留めるといったタイプが多くなっています。

袖口にも特徴があり、雨が入り込まないように二重袖になっているレインコートが多く、手袋をしていても中まで水が入らないような作りになっています。

ズボンもついているレインコートも沢山売られており、ペダルを漕ぐ足もとに水が入らないように作られています。

自転車用のレインコートはフードの前部分を広くし、顔に雨がかかることを防ぎ、自転車に乗って前方が見やすいように工夫されています。

左右を確認すると際にも、死角部分が出来ないように工夫され、雨の日でも安心して自転車に乗れるようになっています。

レインコートを着ているにもかかわらず、雨が入って中の衣服が濡れてしまわないよう、自転車専用のレインコートを購入し、雨でも快適に自転車に乗れるようにしたいですね。
レインコート 安全運転のための配慮と工夫を満載したロングセラーのレインコートです。自転車...
関連コンテンツ

お洒落な自転車用レインコート

自転車のレインコートというと、どうしても機能性を重視したデザインになって、お洒落なタイプのレインコートは見かけません。 価格が安いレインコートは透明なビニールタイプのものがイメージされ、・・・