レインコートの季節のTOPに戻る

スクーターのレインコート

バイクと一口に言っても種類が様々ありますが、性別や年齢問わず気軽に運転が出来るバイクとして、スクーターは多くの人が利用しています。

雨の日にレインコートが必要なのはバイクもスクーターも同様ですが、スクーターの場合は座席部分をまたぐ必要が無いので、ポンチョタイプの商品を選ぶ人が多いようですね。

しかし、長時間スクーターに乗るような時や雨が激しい場合には足下が濡れずに済むように、ズボンが付いているレインコートの方がいいでしょうね。

短時間の時や多少の雨の場合はサッと羽織れるポンチョタイプの方が便利で、バイク用に作られている物ならば機能的にも優れている商品が多く発表されています。

特に女性の場合はスカートを履いてスクーターに乗る場合もあるため、ポンチョタイプのレインコートがお薦めでしょうね。

バイク用に作られているポンチョタイプのレインコートは、雨天時のムレを防ぐように作られている場合が多く、風などで裾が跳ね上がらないようになっていますので、服や身体が濡れにくくなっています。

最近の商品は雨によって薄暗い状況時の運転とか、夜の運転に対しても、バイクやスクーターに乗っている人を自動車を運転している人が認識し易いように、反射板を付けているのが多くなっています。

普通のレインコートやポンチョでも問題は無いのですが、スクーターやバイク用に作られている商品の方が、より安全運転が出来るように配慮されています。

雨の日はレインコートを着用し、ヘルメットはフルフェイスにする方が視界も確保でき安心です。
関連コンテンツ

バイク専用レインコート

バイク専用のレインコートをはじめ、雨に対してのグッズは様々な工夫がされています。 雨の時にバイクに乗る時のレインコートは雨がレインコートの中へと浸透してこないことと、運転に支障をきたさないという・・・