レインコートの季節のTOPに戻る

バイク専用レインコート

バイク専用のレインコートをはじめ、雨に対してのグッズは様々な工夫がされています。

雨の時にバイクに乗る時のレインコートは雨がレインコートの中へと浸透してこないことと、運転に支障をきたさないという事が大切な要素です。
天候に拘わらずバイクによく乗るという人は慎重にレインコートを選ぶ必要があります。

レインコートを選ぶ時に、防水性や浸透性を見極める為には生地や裏地をチェックする必要があります。
梅雨時のレインコートでは蒸れるという事もあり、裏地がメッシュ素材のレインコートを選ぶこともポイントになります。

洋服の上から着ることになるレインコートを選ぶ時は、普段購入するよりか大きいサイズを選んでしまい勝ちですが、大きさによってはバイクの運転に支障をきたします。
バイクの運転中は絶えず、強い風を受けるため、大きすぎるレインコートを着ているとバタバタとしてしまい運転しづらい場合があります。

こういったばたつき防止のたるみ調整ができるレインコートも発売されていますので、安全面からたるみ調整が工夫されたレインコートを選ぶのもポイントです。

バイクを運転して高速道路などを走る人も多くいますが、レインコートではポケットが付いていて、物が取り出しやすいタイプを選んだ方が良いでしょう。

ポケットは、当然、雨が浸透しない事が大事ですから、折り返しなどの機能があるタイプを選ぶのが良いでしょうね。

普段使うレインコートとバイクを乗る際に使用するレインコートは、一見同じように見えても機能的には全然違う物が付いています。
そのため、使い分けが必要になっています。
関連コンテンツ

スクーターのレインコート

バイクと一口に言っても種類が様々ありますが、性別や年齢問わず気軽に運転が出来るバイクとして、スクーターは多くの人が利用しています。 雨の日にレインコートが必要なのはバイクもスクーターも同様ですが・・・