幸せになるための再婚のTOPに戻る
「幸せになるための再婚」トップ >  子連れ再婚 > 子供がいる場合の再婚

子供がいる場合の再婚


子持ちの人が再婚をする場合に注意を払わなくてはいけないことは、子供の戸籍についてです。

母親が再婚をするときは、まずはじめに役所に婚姻届を提出します。
そして、子供の戸籍が母親に入っている場合は、養子縁組の手続きをとる必要があります。

母親の婚姻届の提出で、自動的に子供も再婚相手の戸籍に入るものと考えやすいのですが、母親の婚姻届だけでは子供の戸籍は母親の戸籍に入ったままになっています。

再婚相手の戸籍に入れるためには、忘れずに養子縁組届の提出が必要です。
このとき、子供の続柄は養子、もしくは養女として記載されます。

養子縁組をすることで、再婚相手には子供を扶養する義務が発生します。
さらに子供は、再婚相手の法定相続人としても認められることになります。

ここで、再婚相手の養子縁組をしたからといって実の父親や母親との関係が消滅するわけではありませんから、子供は実親の法定相続人としても認められているということになります。

そして、養子縁組は入籍届のように家庭裁判所に申し立てをする必要はなく、役所へ養子縁組届を提出すれば成立となります。

再婚は大人だけではなく、子供の気持ちもよく理解したうえで決めなくてはいけません。
子供の心は大人が思う以上に繊細です。

物心がついている子供を抱えての再婚についてはしっかりと話し合いをすることが重要です。

そして、再婚相手と子供の相性をしっかりとチェックすることも大切です。

再婚をする前に何度か会うようにして、お互いの接しかたをよく観察しておかなければなりません。
この先、一緒に暮らしていく家族の性格を理解することが、幸せな生活に繋がっていきます。

関連コンテンツ

子連れ再婚の問題

ここ数年、女性が自立をして生活をしていくための環境が整ってきました。 そのため女性の離婚、再婚が年々増えていると言われています。 子供がいない場合は夫婦だけの問題なので、離婚をするのも再婚をす・・・

子連れ再婚の注意点

子供がいる人の場合、再婚は難しいと考えている人が随分、多いのではないでしょうか。 子連れ再婚の場合、子供と血が繋がっていない人と結婚という観点で、いろいろな問題を引き起こす可能性があると考えられ・・・