幸せになるための再婚のTOPに戻る

子連れ再婚の注意点


子供がいる人の場合、再婚は難しいと考えている人が随分、多いのではないでしょうか。

子連れ再婚の場合、子供と血が繋がっていない人と結婚という観点で、いろいろな問題を引き起こす可能性があると考えられています。

まずはじめに、子供の心は大人が考えている以上に繊細であるということが挙げられます。
血のつながりのない再婚相手と暮らしはじめたことで、子供が学校で肩身の狭い思いをしていたり、家のなかでも疎外感を感じていることもあります。

また、子供との接しかたにも十分な注意が必要です。
子供に対しての接しかたを少し間違えてしまうだけで、子供は自分の居場所がなくなったと感じてしまうことがあります。

特に子供が思春期や反抗期の場合、子供の心がとても乱れやすい時期と考えることが大事です。
あくまでも再婚は大人の都合によるものだということを忘れてはいけません。

子供が反抗的な態度をとったとしても、絶対に大人が感情的になってはいけません。

ここ数年再婚の家庭で子供への虐待が問題になっていますが、血のつながりのない親が連れ子に対して虐待をするという事件が後を絶ちません。

警察や児童相談所に手を煩わせる家庭も多くあります。

子連れの再婚は決して珍しいことではありませんが、大人同士の恋愛感情だけでは再婚は成り立たないということは重大に受け止める必要があります。

血のつながりのない子供のことを何よりも優先的に考えてあげることが大切です。
そして子供が再婚相手と上手く関係を保てるように、できる限り気を配ることが必須です。

関連コンテンツ

子連れ再婚の問題

ここ数年、女性が自立をして生活をしていくための環境が整ってきました。 そのため女性の離婚、再婚が年々増えていると言われています。 子供がいない場合は夫婦だけの問題なので、離婚をするのも再婚をす・・・

子供がいる場合の再婚

子持ちの人が再婚をする場合に注意を払わなくてはいけないことは、子供の戸籍についてです。 母親が再婚をするときは、まずはじめに役所に婚姻届を提出します。 そして、子供の戸籍が母親に入っている場合・・・