幸せになるための再婚のTOPに戻る

再婚後の養育費減額


離婚した元妻が子連れで再婚したあとも、養育費の支払義務が課せられています。そのため、養育費は継続して支払っていく必要があります。
しかし、養育費の支払いの負担が大きく、養育費の支払額を少なくしたいと考えている人は多いことでしょう。

民法第880条では、家庭裁判所は扶養に係る協議・審判の変更・取消しを、事情の変更という条件付きながら、可能と定めています。

そのことから、元妻が再婚することを機会に、養育費の支払額を変更できる状況が生まれます。

養育費の支払額を変更するには、事情の変更が必要です。
事情の変更に該当するケースは
“蘖なしに職をなくしてしまった場合 ⊆入が著しく減ってしまった場合 再婚をした場合ず萄Я蠎蠅了劼匹發存在する場合などであれば、
養育費の支払額について検討されることになります。


ちなみに、養育費の支払額は、支払う側だけでなく、受け取る側も考慮に含まれます。

元妻が再婚をしたことで、自分より裕福な生活を送るようになれば、養育費の減額が実現することでしょう。

養育費の減額を求めるには、元妻と直接話し合ってみるのが、最も手っ取り早い方法と言えます。


しかし、離婚の仕方によっては、円満に解決できない場合も考えられます。

その場合、離婚した相手の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、養育費減額調停を申立てます。

養育費減額調停では、調停委員が自分と離婚した相手に対して事情聴取を行います。

結果として調停成立となれば養育費の支払額が見直されますし、調停不成立となれば審判手続きに移行し、家庭裁判所が養育費の支払額を定めることになります。

関連コンテンツ

再婚の時の子供の籍と養子縁組

子連れで再婚をするときに認識しておきたいのが戸籍についてです。 自分の戸籍は結婚をすると相手の戸籍に入ることになるのですが、子供の戸籍は一定の手続きをしないとそのままになってしまいます。 ・・・

再婚における子供の相続権について

再婚をするときに問題が起こりやすいのは、連れ子や愛人の子の相続権についてです。相続権は配偶者やその人の子供などの親族のみに与えられることになっています。 そのため、連れ子や愛人の子に相続権を与え・・・

再婚後の養育費

子供を連れての再婚では、色々と頭を悩ませることに出会います。 そのなかでも、養育費の支払い義務に気がつかないことがあります。 その事例は、、元妻が新しい相手と結婚をしてからも、養育費の支払いを・・・

再婚における姓の問題について

結婚をしたら、妻は夫の名字を名乗らなくてはいけないという夫婦同氏の原則が民法第750条で定められています。 しかし、ここ数年は夫婦別姓を認めるべきだという動きも活発になっているようです。 女性・・・

再婚における婚姻届の提出

再婚をする場合、婚姻届の手続きは初婚のときと方法はほとんど変わりません。 ただ1つ異なるのが、記入欄です。 婚姻届の手続きについて、まずはじめに、婚姻届の用紙を役所で手に入れます。 ・・・

再婚禁止期間の法の定め

男性は離婚をしてもすぐに再婚をすることができます。 しかし、女性には再婚禁止期間が設けられています。 民法第733条に定められている制度で、内容は「女性は前の婚姻関係の解消または取消の日から、・・・