幸せになるための再婚のTOPに戻る
「幸せになるための再婚」トップ >  再婚結婚式 > 再婚の結婚式と披露宴について

再婚の結婚式と披露宴について


再婚をして結婚式や披露宴を行う場合、いろいろな点で気を遣うことでしょう。
特に、初婚のときに招待したお客さまを、また招待していいのかどうか悩みます。

1度結婚に失敗をしているので、改めて呼ぶのは申し訳ないと感じてしまいますが、
初婚のときと同じ招待客を呼んでも特に問題はないようです。

ただ、ご祝儀については2度ももらいにくいでしょうから、いただかないというように前もって招待客に伝えておくといいでしょうね。

もしご祝儀をいただく場合には、会費制の結婚式にすると、招待客の金銭的な負担を少しでも減らすことができます。

なお、再婚であることから、身内だけでできるだけ控え目に結婚式を挙げたいという人もいらっしゃるでしょう。
この場合は、招待できなかった人に手紙などの書面で挨拶をすませておくことが大事でしょうね。

そして、披露宴についても行っていいかどうか迷うでしょうが、再婚だからといって、披露宴を行ってはいけないということは決してありません。

地味でも派手でも、自分たちの好きな形式で自由に行っていいでしょう。
でも、招待客への配慮は忘れないようにしたいですね。
なお、披露宴で再婚であることをあえて招待客に伝える必要はないでしょう。

もし2人が招待客に何か伝えたいことがあるようなら、そのときに少し触れるくらいにしておけばという感じです。
昔は再婚というと結構珍しいことでしたが、現在では特に珍しいことではなくなりました。
ですから結婚式や披露宴を初婚のときと同じように行ったとしても、後ろめたさを感じることはありません。
初婚のときと同じようにきっと招待客全員が、2人の新しい門出を心から祝福してくれるでしょう。

関連コンテンツ

両親に再婚を伝えるときには

再婚をすることを2人で決めた後に悩むことと言えば、お互いの両親のことではないでしょうか。 どのように両親に報告をしたらいいのかと、考え込んでしまうこともあるでしょう。 それでも、再婚同士の場合・・・