ドライブでのトラブルSOSはロードサービスへのTOPに戻る

ロードサービスの会員でない場合の費用

ドライブに出かけ、自動車の自力走行が難しいトラブルになった場合には、通常はロードサービスを利用することになります。
しかし、ロードサービスの会員でない場合には、レッカー業者にけん引を依頼することになり、牽引の料金が発生します。
レッカーの牽引代金は距離や地域によって異なっていますが、数万円かかるのが一般的です。
この牽引は、ロードサービスの会員であれば、基本クレジットカードや自動車保険の場合には無料という場合が多いです。

JAFのロードサービスの会員の場合は、年会費で4000円程度でこのようなトラブルに対処してくれます。

ロードサービスに一切加入していない場合で、ドライブに出掛けて、自動車のトラブルが発生をしたときの対処は、とりあえずその自動車を購入したディラーに連絡をとってみることです。
ディーラーからトラブルの解消に役立つ適切な指示が来るか、近場でのトラブルの場合にはディーラーのスタッフが現場に来てくれることもあり、バッテリ上がり程度の、現場で処理できるようなトラブルの場合には、現場で解決してくれるでしょう。

ただ、その場合も別途料金が発生し、おそらく1万円前後の費用がかかるのではないでしょうか。

JAFの会員の場合と非会員の場合の違い

夜間(20時〜8時)一般道路でのバッテリー上がり

会員の場合     非会員の場合

基本料 無料     基本料 10,000円
作業料 無料     作業料 4,500円
  合計 14,500円

高速道路で故障車けん [15km,本線上,昼間(8時〜20時)の場合]

会員の場合      非会員の場合

基本料 無料 [15km以内]※3   基本料 [A料金]※4 16,000円
作業料  作業料 4,500円
特別料  特別料 (基本料に含む)
後方警戒料  後方警戒料 (基本料に含む)
けん引料(15km)  けん引料(15km) 10,500円
   合計 31,000円+※2

※事故車の処理、落輪、転落車の引き上げ作業は、会員でも別途料金がかかる場合があります。
※2非会員の方は、ロードサービス車両及び、後方警戒車両の高速料金が別途必要になります。
※3会員でも15kmを超える場合は、1kmあたり700円が掛ります。
※4サービスエリア・パーキングエリア内に出動し、現場で作業完了したものを除く

※昼間と夜間とでは料金が異なる場合があります。





関連コンテンツ

ロードサービスの修理以外の費用負担

ロードサービスにSOSを依頼するような場合の自動車運転中のトラブルは、比較的遠方への旅行中の自動車トラブルになった時が多いでしょう。 自動車のトラブルも、現場で直すことができるような軽微なトラブルで・・・

ロードサービスで行うトラブルへの対応

ロードサービスでは、基本的には自動車にトラブルが発生した場合に対応してくれるサービスが中心になっています。 自動車のトラブルの中でも比較的軽微なトラブルである場合にはロードサービスのスタッフが現・・・

ロードサービスに依頼のある多いトラブル

ロードサービスを利用する人には、いくつかの傾向があります。 トラブルが多いベストスリーです。 先ず、第一はバッテリーが上がって困っているというトラブルです。 特にバッテリーが上がるトラブルは・・・

ロードサービスが利用できない場合

ロードサービスは、場合によっては利用できないことがあります。 ロードサービスと言えばJAFの例。 車検を受けてない自動車や、自賠責保険に加入をしていない自動車ははロードサービスを利用するこ・・・