ドライブでのトラブルSOSはロードサービスへのTOPに戻る

ロードサービスで行うトラブルへの対応

ロードサービスでは、基本的には自動車にトラブルが発生した場合に対応してくれるサービスが中心になっています。

自動車のトラブルの中でも比較的軽微なトラブルである場合にはロードサービスのスタッフが現地に急行して修理にあたります。

その際、現地での車のトラブル解決の目安は、30分程度で作業を終えることができるかどうかです。

作業に30分以上かかるとか、或いは現場でのトラブルの解消が不可能と判断された場合には、修理工場に自動車を運ぶことになります。
このとき、自力で自動車を動かすことができない場合には、レッカー車を使って牽引で移動することになります。

ロードサービスで多い自動車の軽微なトラブルは、バンクやガス欠、バッテリ上がり、オイル漏れといったメカニカルなトラブルが主力となります。
また、脱輪やキーとじ込みといった運転者自身のうっかりミスによるトラブルについても対応をしてくれます。

この自動車の軽微なトラブルの修理代については、ロードサービスの会員であれば、無料ですが、燃料代やオイル代、交換部品の代金は支払うことになります。

ロードサービスによるレッカー移動のサービスは、移動の距離によって料金が発生するかどうかが決まり、各会社によってサービス内容に違いがあります。

移動距離が100km程度まで無料という場合もあれば、10km以上で料金発生というケースもあります。
しかし、ロードサービスが提携の修理工場を日本全国に持っている場合には、提携している修理工場への車の移動は無制限で無料というサービスをつけている場合があります。

ロードサービスの会員になる場合にはレッカー移動のサービスをチエックしておくといいでしょうね。
関連コンテンツ

ロードサービスの修理以外の費用負担

ロードサービスにSOSを依頼するような場合の自動車運転中のトラブルは、比較的遠方への旅行中の自動車トラブルになった時が多いでしょう。 自動車のトラブルも、現場で直すことができるような軽微なトラブルで・・・

ロードサービスの会員でない場合の費用

ドライブに出かけ、自動車の自力走行が難しいトラブルになった場合には、通常はロードサービスを利用することになります。 しかし、ロードサービスの会員でない場合には、レッカー業者にけん引を依頼することにな・・・

ロードサービスに依頼のある多いトラブル

ロードサービスを利用する人には、いくつかの傾向があります。 トラブルが多いベストスリーです。 先ず、第一はバッテリーが上がって困っているというトラブルです。 特にバッテリーが上がるトラブルは・・・

ロードサービスが利用できない場合

ロードサービスは、場合によっては利用できないことがあります。 ロードサービスと言えばJAFの例。 車検を受けてない自動車や、自賠責保険に加入をしていない自動車ははロードサービスを利用するこ・・・