ガーデニングでバラを育てるのTOPに戻る
「ガーデニングでバラを育てる」トップ >  バラの栽培 > ガーデニングのバラで特に気をつけたい病気

ガーデニングのバラで特に気をつけたい病気


ガーデニングでバラを栽培する場合に、特に気をつけたい病気は「黒点病」「根頭癌腫病」「うどん粉病」です。

「黒点病」
発生しやすい時期:春〜初夏、秋
症状:葉に黒い斑点が生じ、次第に拡がり、症状の進行に連れて黄色く変色し、やがて枯れます。
対策:伝染力が強いので、葉に黒い斑点を見つけたら葉がら毎、取り除き処分します。予防薬散布すると安心です。

「根頭癌腫病」
発生しやすい時期:通年
症状:根や接木部分に暗褐色のコブが出来、やがて肥大する。
コブが出来ると、株は栄養を吸収出来ないので枯れます。
対策:原因は土の中の病原菌。病気を見つけたらその株を処分し、土を入れ替える。

「うどん粉病」
発生しやすい時期:春〜初夏、秋
症状:葉や茎に白いカビが発生。症状の悪化で枯れます。
対策:このカビは乾燥を好みます。曇天が続き雨の日が少ないときは水を撒いて胞子に水を含ませ破裂させて、死滅させる。

ほかに「べと病」「灰色カビ病」「モザイク病」「枝枯れ病」「サビ病」「ネマトーダ」などがあります。

これらの病気を起こさない為に注意するポイントは、まず第一に病気になりにくい丈夫な品種を選ぶという点ですが、ガーデニングでバラを育てるのは気に入った品種選びたいでしょう。

そこで気を付けるポイントは、病気の原因・症状をあらかじめ知識として収集し、出来る限りの予防を行うという事になります。

それでも病気になってしまったという場合は、病気によっては感染を防ぐため焼却等による廃棄を行うことが大事です。

病気の原因となるものを大きく分類すると、「カビ(糸状菌)」によるもの・「細菌」によるもの・「ウイルス」によるものに大別されます。
【レビューを書いて今だけ半額】バラとクレマチス専用液肥 元気クン 1000cc 【クレマチス】...
関連コンテンツ

ガーデニングでバラ作りに慣れると

ガーデニングで、バラ作りに慣れてくると、バラを育てるのに自信がついて、本や雑誌などに出てくるようなローズガーデンを自分でも造ろうという人もおられます。 ガーデニングに適したバラは育て方が簡単・・・

ガーデニングでバラと一緒に植えたい花

バラは単独でも綺麗で、楽しめるのですが、ほかの花とバラと一緒にガーデニングすれば更に綺麗になる組み合わせがあります。 ニゲラ、スノードロップ、アスチルベ、クレマチスなどの花になります。 「ニゲ・・・

ガーデニングのバラの植え付けと水やり(鉢植え)

鉢植え: 鉢植えの場合は、鉢底にごろ土(鉢底石)を入れ、鉢の半分ほどに「培養土」を入れ、中央部分が高くなるように土を盛ります。 その上にバラの株の根を広げて置きます。中央部に土を盛るのは、この・・・

ガーデニングのバラの植え付けと水やり(露地)

ガーデニングでバラを栽培するには、「バラは手がかかり、育てるのが大変!」とのイメージが強いのですが、バラつくりのポイントとコツさえ抑えれば、ガーデニング初心者でも立派にバラを育てられます。 ・・・

ガーデニングのバラで人気の品種

ガーデニングに花を植栽される方は多いと思いますが、花の中でも、特に、バラには人気の品種や珍しい品種のバラが最近注目されているようです。 ガーデニングに人気の品種のバラです。 「ラ・ロー・・・

マンションのベランダのバラのガーデニング

ベランダ・ガーデニングでバラを育てて楽しんでください。 ベランダ・ガーデニングでバラを育てるのに日当たりは大事です。 ベランダでバラをガーデニングする場合と地上で育てるのとでは環境が違・・・