有料老人ホームライフのTOPに戻る

有料老人ホームの費用

有料老人ホームは介護保険からの給付が行われるようになり、入居したいと希望する人が多くなっています。
近に感じられるようになった有料老人ホームですが、それでも、入居するには、それなりの費用がかかります。

有料老人ホームの費用は、入居の際に支払う入居一時金や毎月の生活費用、病気の治療や趣味などにかかる費用など、生活していくためにはさまざまな場面でお金がかかります。

有料老人ホームに入居したいと希望している場合は、資金計画を立てておくことがとても重要です。
無理のない資金計画をたて、どのような有料老人ホームが良いのか方向性を決めながら収支の試算をじっくり行うことが大切です。
また、そのときには、夫婦か或いは一人暮らしか、子供がいるかいないか、子供に頼らないで自分で決めてもいいか、資金調達の為に自宅は処分できるかなどの環境も考慮されます。

有料老人ホームに入居する際に支払う「入居一時金」は、呼び名が統一化されていないため、施設協力金、入居保証金などと呼ばれているところもあります。

入居一時金は、自分の部屋や施設、サービスを利用する権利に対して支払う費用で、終身利用権となっていて、所有権はありません。
これには、無料のところから何千万円や何億円など施設によって費用に大きな違いがあります。

「管理費」は毎月必要となる費用で、有料老人ホームのサービスや施設管理のために支払います。また、食費や光熱費、個人的な交通費や交際費も毎月の費用として必要になります。

「介護費用」は、終身利用型の有料老人ホーム介護施設の場合には「終身介護費用」を入居時に同時に支払う所もあります。
300〜800万といろいろですが、どこで、だれによる(ヘルパーか、医師かなど)、どんなサービスかにより料金は違ってきます。
関連コンテンツ

有料老人ホームの紹介所

有料老人ホームへの入居を希望する場合、高額な費用がかかるため有料老人ホームの施設の情報を集めたり、探したりする必要があります。そして、時間をかけてじっくり吟味する必要があります。 しかし、有料老人ホ・・・

有料老人ホームを選ぶポイント

有料老人ホームは2000年にスタートした介護保険制度により、入居の際に介護保険から給付が行われるようになったため、以前にくらべると入居しやすくなっています。 有料老人ホームのほとんどは、民間事業・・・