有料老人ホームライフのTOPに戻る
「有料老人ホームライフ」トップ >  有料老人ホームライフ > 有料老人ホームの医療体制の確認

有料老人ホームの医療体制の確認

有料老人ホームに入園するのには介護体制はもちろん、医療体制もどのようになっているのかを知っておくことが大切です。

通常は、ほとんどの有料老人ホームは、いくつかの病院と提携を結んでいて、一般的な医療サービスを受けることが出来ます。

健康相談や定期健診、予防接種、緊急時の対応などが主になっていますが、リハビリ提供を行っているところもあるようです。

有料老人ホームの資料やパンフレットには、提携病院や協力病院の名称は載っていても、診療科目が載っていない場合があります。
入居を希望している有料老人ホームの提携病院に必要な診療科があるかどうかの確認た重要です。もし、必要な診療科がない場合は老人ホームの方でどのような対応をしてくれるのかの確認もさらに、重要です。

そして、有料老人ホームに入居してからの、入院や通院時の対応も確認し手おきたいですね。

医療体制については、重要事項説明書に記載されていますが、各ホームによっての対応が違うため必ず確認し、後のトラブルを避けたいものです。

有料老人ホームへの入居者に医療行為が必要なケースは、医師や看護師が常駐している体制のホームであることが重要になります。

医療行為は、医師や看護師、家族のみに認められた行為ですので、24時間体制で看護師が常駐しているかどうかなどの体制が整っていることを確認しておくことが大切です。
関連コンテンツ

有料老人ホームでの過ごし方

有料老人ホームには、高齢者が自立した生活ができ、明日への希望を持ち、生きがいを実感できる人生を送るために、入居するのですから、楽しく暮らすコツや施設の一日の流れを知っておくことは大切です。 有料・・・

有料老人ホームライフのサービス内容

有料老人ホームは、民間事業者が行っていることがほとんどなので、サービス内容もさまざまです。 有料老人ホームの入居を考えている人は、多くの老人ホームのサービス内容について確認しておくことが大事です。 ・・・