睡眠障害と生活リズムのTOPに戻る

睡眠障害とは

睡眠障害とは、眠りたくても眠れない、寝つきが悪い、逆に、急激な睡魔に突然襲われ、仕事や学業に差し障りが出るなど、睡眠に関する色々な症状、病気を総称して言います。

睡眠障害国際分類 によると、睡眠障害は症状によって大きく4つに分類されています。
それによると1つ目は不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群などの「睡眠異状」2つ目に夜驚症や催眠麻痺といった寝ている間に何らかの問題行動が伴う「睡眠時随伴症」3つ目はうつ病などの精神病の合併症として不眠、または過眠に陥る「内科・精神科的睡眠障害」があります。
最後の4つ目は、その他として短時間睡眠者、長時間睡眠者(4つ目は分類上確定していません)に分けられています。
実際に、世界的にこうした分類がされるほど、現代人は睡眠障害に悩んでいるということでもあります。

睡眠障害の症状は個人差が大きく、睡眠の時間や質、寝付きが良いか悪いかなど、誰でも程度の違いこそありますが、睡眠障害の症状を経験しています。身近なものです。

大事な試験の前や楽しみしていたイベントの前日などに気持ちが高ぶってなかなか寝付けなかったり、居眠りをこらえるのが大変だった思いをした事は一度ならずあり、睡眠障害は身近なものです。

関連コンテンツ

睡眠障害の原因

睡眠障害になる原因は様々なものがあります。 原因には一過性の事もあれば慢性的なものもあります。 一過性の睡眠障害には多くの人が経験しています。 一過性の睡眠障害は、大切な会議やイベントの前に・・・

睡眠障害の症状

睡眠障害は直ぐに不眠症というイメージで言い表されますが、他にも過眠症や睡眠時呼吸障害など、さまざまなタイプのものがあります。 不眠症の場合のように、眠りが不十分な事によって「イライラして、気分が優れ・・・