睡眠障害と生活リズムのTOPに戻る

睡眠障害の症状

睡眠障害は直ぐに不眠症というイメージで言い表されますが、他にも過眠症や睡眠時呼吸障害など、さまざまなタイプのものがあります。
不眠症の場合のように、眠りが不十分な事によって「イライラして、気分が優れない。頭がボンヤリする」という悩みを持つ方も多いでしょう。
睡眠不足は気分を落ち込ませるので、出来る限り早めの対策が重要です。

乳幼児などは睡眠が不足すると落ち着きを無くし、些細な事で駄々をこねる事もあります。

睡眠障害で脳の機能が回復できないと誤った指令が下されて事故につながったり、睡眠障害によってストレスが溜まり、感情のコントロールができず周囲に危害を及ぼしたりすることもあります。さらに内臓機能も低下するので、生命が脅かされる可能性もでてきます。

睡眠障害から体調を崩す事もあります。でも睡眠障害は治療によって軽減・改善される病気なので早めに病院で受診するのが一番です。

また、ナルコレプシーのように突然猛烈な眠気によって、会話中にまるで意識を失うかのように寝てしまったり、睡眠時遊行症(夢遊病)で家中動き回るケースもあります。

これらは、自分ではどうする事も出来ないために悩みも深いようです。
関連コンテンツ

睡眠障害の原因

睡眠障害になる原因は様々なものがあります。 原因には一過性の事もあれば慢性的なものもあります。 一過性の睡眠障害には多くの人が経験しています。 一過性の睡眠障害は、大切な会議やイベントの前に・・・

睡眠障害とは

睡眠障害とは、眠りたくても眠れない、寝つきが悪い、逆に、急激な睡魔に突然襲われ、仕事や学業に差し障りが出るなど、睡眠に関する色々な症状、病気を総称して言います。 睡眠障害国際分類 によると、睡眠・・・