睡眠障害と生活リズムのTOPに戻る

睡眠障害の原因

睡眠障害になる原因は様々なものがあります。
原因には一過性の事もあれば慢性的なものもあります。

一過性の睡眠障害には多くの人が経験しています。
一過性の睡眠障害は、大切な会議やイベントの前になかなか寝付けないとか、過度の飲酒、紅茶やコーヒーなどのカフェインが含まれた飲み物の飲み過ぎの場合などでなります。また、外因的な要素であるケガの痛みや体の痒みでも眠れないという睡眠障害になる事もあります。

睡眠障害が慢性化する原因には、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れからなります。悩みや心配事でイライラが募った時もストレスが解消されない限り、症状は続きます。強烈なストレスが加わると悪夢を見たりもします。

肩凝りが酷い場合や加齢によって眠れず、睡眠が充分に取れないケースもあります。

そして、睡眠障害は精神疾患が原因によっても起こり、うつ病や、不安障害、アルコール依存症などで、深刻な睡眠不足に陥る事もあります。症状が悪化しないうちに早めの治療が必要になってきます。

不安感が強い人は少しの心配事があっても眠れなくなるので、時にはリラックスして疲労感を取り除いておきましょう。

睡眠障害は生活リズムの乱れも原因のひとつで、時差ボケや交代制勤務などによる睡眠環境の変化が原因となるケースや、昼夜逆転した生活スタイルを持っていると快適な睡眠からは遠くなるとされ、このような生理的原因には注意が必要です。

関連コンテンツ

睡眠障害の症状

睡眠障害は直ぐに不眠症というイメージで言い表されますが、他にも過眠症や睡眠時呼吸障害など、さまざまなタイプのものがあります。 不眠症の場合のように、眠りが不十分な事によって「イライラして、気分が優れ・・・

睡眠障害とは

睡眠障害とは、眠りたくても眠れない、寝つきが悪い、逆に、急激な睡魔に突然襲われ、仕事や学業に差し障りが出るなど、睡眠に関する色々な症状、病気を総称して言います。 睡眠障害国際分類 によると、睡眠・・・