だんだん暖かくなって肌の露出が高くなる季節には、いつも痩せなきゃと思っても、なかなか旨く痩せれないし、ダイエットにもなかなか取り組めないと嘆いてしまう方も少なくないと思います。

しかし、実際には、痩せなきゃというほど太っていないのに、ダイエットに成功したタレントを見て痩せなきゃと思い、健康的な体重を通り越して痩せようとする場合も・・・・・

過度にダイエットに取り組んで身体を壊して不健康になるより、適性な体重を保って細く見えるために、細く見せる方法を理解したほうが良いのではないでしょうか?

細く見えるファッションは、下手に柄物や流行を追わず、細く見せるデザインを選んだり、引き締まったカラーの服装をコーディネートすると、見た目が全く違ってくるようです。

太り気味の体型を隠そうとわざとダボダボの大きな服を着ていると服に余裕がある分、横に広く錯覚してしまいますから、バランスよく見えるようにきちんと体系にあったサイズの服装を選びます。

色にも膨張色と収縮色というのがあります。
白黒のボーダーの柄を見ると、白黒とも同じ幅のはずなのに白の方が幅が太く見えます。

膨張色は、大きく膨らんで見える色のことで、それに対して、収縮色は、小さく縮んで見える色のことです。
明るい暖色系の色は実際より大きく膨らんで見え、青系統や深い緑のようなクールで引き締まったカラーは収縮してみえます。

細く見えるために、細く見せる方法を紹介します。