細く見えるために、細く見せる方法のTOPに戻る

細く見える色を着てスリムに

着る服によって、太って見えたり細く見えたりするのはご存知の人が多いことでしょう。
縦縞の服は横縞の服よりも細く見えるのも良く知られています。

洋服の色も、細く見えるものを選べばスッキリ見えます。
膨張色と収縮色というふうに分けられていますが、膨張色は白や肌色系、ピンク、黄色、オレンジなどがそれにあたります。

逆に収縮色は、青系と黒、紫が代表的です。
細く見えるためと言って、黒や青系ばかりの服を着ていたら、おしゃれとは言えないスタイルになってしまいます。

上手く組み合わせて着れば、膨張色でもスッキリ見えることができます。
例えば、淡い色の服を着たらウエストは黒や紺のベルトをすると引き締まって見えます。

淡い色ばかりだと、どうしても引き締まるところが無いので太って見えます。
一部分に収縮色を加えるとそれだけで細く見える効果があります。

当然、服は無地ばかりではなく、柄物の服もあるのですが、柄物をうまく取り入れれば細く見えるようにできます。

柄物は細かい柄にするよりも、大きめの柄を選んだほうが細く見える効果があります。
また、自分の肌の色によって着る服にも細く見える方法があります。

色白の人が、濃い色(黒系)を着るとスリムに見えます。
白系の服でも、肌との境界線に紺や黒のラインが入っているものを選ぶと引き締まって見えます。

単色だけでの服を選んでしまうと、収縮色を着ても決まりませんし、膨張色ならなおさらです。

どこかで引き締め効果のある色を取り入れることを考えたいですね。
華やかに見せたいのであれば、小物やバッグの工夫をしてみるとおしゃれになります。
関連コンテンツ

ジーンズで細く見せるポイント

モデルが細いジーンズをはいているのを見ると、自分もあんな風に着こなしたいと憧れますね。 はくジーンズによって、足が細く見えるものがありますから、自分の足の状態を知って選ぶと良いでしょう。 ・・・

美脚効果のあるタイツ

最近では、タイツやストッキングも機能的なものが発売されてきました。 選ぶ方も、たくさんの種類があって迷ってしまうほどです。 特に人気があるとされるのが、足が細く見えるタイツやストッキングです。・・・

細く見えるスーツ

細く見えるために、細く見せるスーツとはどんなイメージを抱きますでしょうか。。 最近、「スーツのはるやまの脚長スーツ」のCMがお馴染みです。 「はるやま」が、脚が長く見えるスーツを販売したと・・・