脂肪燃焼スープのTOPに戻る
「脂肪燃焼スープ」トップ >  脂肪燃焼スープレシピ > 脂肪燃焼スープに入れる野菜6種

脂肪燃焼スープに入れる野菜6種

脂肪燃焼スープで効果的なダイエットをするためには6種類の野菜が主体になります。

野菜にはそれぞれのビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、この野菜がスープを通して効果的に脂肪が燃焼されていきます。

?脂肪燃焼スープでメインになる野菜はキャベツで、キャベツは生で摂るより火を通すことで活性酸素を除去する働きが5倍も上がるとされているのです。

?トマトは、抗酸化作用の高いリコピンが豊富に含まれていて、アンチエイジングに欠かせない栄養素になっています。

?玉ネギは、血液をサラサラにする成分の硫化アリルが含まれているので、動脈硬化や血栓を予防する効能があります。

?ニンジンに含まれるカロチンは、体を温めて冷えを予防し、活性酸素を除去する働きがあります。

?セロリは、ミネラルが豊富に含まれている野菜として有名で、カルシウムやカリウムを摂る事ができます。

セロリは芯だけでなく葉のほうもビタミンが豊富なので脂肪燃焼スープに細かく刻んで入れると、食べ易く、セロリを食べる目的に適います。

?ピーマンに含まれているビタミンCは肌にハリを与えて、シミを予防してくれるので美肌効果は抜群です。
このピーマンに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴が大きなメリットです。

脂肪燃焼スープを構成するメインの野菜6種は、どの料理にとっても素材になるものばかりで、特に、脂肪燃焼スープには体に大変良い野菜を豊富に使って作ることになります。

脂肪燃焼スープダイエットは、活性酸素を除去し、細胞が活性化して健康的な体を作る効果が大きいのが特徴です。

また、他の食事ダイエットでは、栄養が偏ってしまって体力が落ちてしまうという心配があるのですが、この脂肪燃焼スープダイエットは栄養のバランスを考えながら、短期間にこなせるスケジュールになっているので、体に無理なく取り組むことが出来るのがメリットですね。
関連コンテンツ

脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪を燃焼させることでダイエット効果が期待できると言われています。 脂肪を燃焼させる脂肪燃焼スープは、野菜を豊富に使って、とても簡単に、いつでも手に入りやすい野菜で手作りすることができます。 ・・・