肩こりは、長時間の同じ姿勢や姿勢の悪さなどで、筋肉が硬くなりこりが生じると、疲労物質がたまり血行が悪くなることで起こります。

血行が悪くなると筋肉への必要な酸素や栄養が運ばれなくなり、酸欠状態に陥りそして、肩こりを慢性化させるきっかけとなります。

肩こりを解消する方法も、いろいろありますが、基本的に血液循環を良くし、たまった疲労物質を取り除くことがポイントとなります。

デスクワークなどの、同じ姿勢から影響する肩こりや運動不足によるケースでは、血行不良の筋肉をしっかり動かしてあげることが大切で、体操やストレッチによって解消する方法があります。

また、血行を良くするために、温シップやチタン製品などの肩こり解消グッズや肩を温める方法などもあり、また、冷シップによる解消法もあります。
温シップは慢性的な肩こりに使用し、急性の肩こりには冷シップを使用すると良いと言われています。しかし、薬の効果はどちらも同じなので、自分の好みの方を使用して、使い分けるとよいでしょう。

カイロやドライヤーを使用した簡単にできる肩こり解消の温熱療法もあります。
カイロは、肌着の上や布で包んで、首や肩を温める時に使用し、ドライヤーは、肌から30センチ程度離してコリのある部分に温風をあてて使用します。

肩こりに悩む方に肩こりの解消の方法や、肩こりの解消のグッズ、肩こりの解消のエキササイズ、肩こりの解消の情報をお伝えします。