介護を必要とする人に、たいへん便利なサービスとして生まれたのが介護タクシーです。
介護タクシーは、障害を持っている人や高齢者の人など、移動のために手助けが必要な人への移送サービスになります。
また、手助けが必要な人とその介護に当たっている人も同乗できるようになっていて、車椅子や寝台のままで移動が可能になっています。

乗務員は、ホームヘルパー2級以上の資格を持っています。
そのため、移動の時に手助けが必要な人が1人でタクシーを利用するようなことがあっても、乗務員が手助けすることが出来るので、安心して介護タクシーを利用することが出来ます。

通院のために介護タクシーを利用する場合も、乗務員が病院の受診科の前まで介助することが出来、薬を病院から持ってきてもらえるサービスなどもあります。

介護タクシー会社によってサービスは様々ですが、毎日の通院だけでなく、近くまでの買い物や日本国内なら泊りがけの旅行などにも利用することが出来るタクシー会社もあるようです。

介護タクシーの料金は、介護保険が適用できる会社であれば、料金が1割負担で利用が出来るようになっています。

ただし、タクシーメーターは介護保険の適用になりません。
介護タクシーが登場した事で、寝たきり状態なので、外出を諦めていた人や、1人暮らしをしている高齢者の人にとって、安心して外出が出来る楽しみが出来たのではないでしょうか。


カテゴリー

介護タクシー
・介護タクシーの料金体制 ・介護タクシーの車両 ・介護タクシーと福祉タクシーの違い
介護タクシーの利用
・介護タクシーのサービス ・介護タクシーの利用 ・介護タクシーの予約 ・介護タクシーの移動介助の範囲
介護タクシーと介護保険
・介護保険を利用できる介護タクシー ・介護タクシーで介護保険が使えない場合