介護アイテムになる介護タクシーのTOPに戻る

介護タクシー用車両

介助を必要とする人が、1人でも安心して外出が出来るようにと生まれたのが介護タクシーです。
身体障害がある人でも、介助が必要な高齢者の人でも、あるいは一時的に怪我などで1人で出かけることが出来ない人でも利用することが出来る車両が介護タクシーです。

介護タクシーは、車椅子のままで乗り込むことが出来ます。
車両はミニバンやワゴンタイプが多くリフトが付いていますので、車椅子での乗降が簡単に行えるようになっています。
ストレッチャーを載せることが出来るタイプの車両も用意されていて、もちろん付き添いの人も同乗できるようになっています。

車椅子で乗降する場合、後ろの扉を開けるとスロープが格納されているので、そのスロープを引き出すと、車椅子で簡単に車内に乗り込むことが出来ます。
また、電動リフトが付いている車両もあります。

車椅子で乗り込む場合は、大体、どの車も2名までの付添い者が乗車出来るようです。

車内では車椅子でもストレッチャーでも、しっかりと固定することが出来て、点滴棒が必要な方には、前もって予約をする時に知らせておけば介護タクシーの方で用意してくれるようです。
また、吸引器を使っている方でも、車のコンセントが使えるので心配いりません。この場合も予約時に知らせておけばコンセントを用意してくれます。

車両も介護タクシー会社によって、いろいろな種類があります。予め確認しておくと、利用も気軽に出来ます。
関連コンテンツ

介護タクシーの料金体制

介護が必要な人の移動手段としては大変便利な介護アイテムの介護タクシーですが、料金体系は各自治体や介護タクシー会社によって様々です。 一般タクシーと同じ距離制の料金システムや、時間制での料金システ・・・