介護アイテムになる介護タクシーのTOPに戻る

介護タクシーのサービスの内容

介護タクシーは、身体障害者の人や介助が必要な高齢者の人が、安心して利用できるアイテムです。

ホームヘルパー2級以上の資格を持った乗務員が、介助を行う事が出来るので、付き添いの人がいなくても外出する事が出来ます。

介護タクシーでは、様々なサービスを行っています。
毎日の通院はもちろん、リハビリセンターへの送迎、買い物、冠婚葬祭などの参列の送迎、お墓参りや国内であれば泊まりがけの旅行の交通にも利用することが出来ます。
その他に、出かけるときの着替えの介助や、電気や火の元の確認をしてくれます。病院への通院に介護タクシーを利用したときには乗降の介助として、受診科の前まで連れて行ってもらえます。

1人暮らしの高齢者で、病院へ行くのに付き添いがいない人でも、このサービスがあれば安心して通院することが出来ます。

怪我をして移動のための車イスが無い人には、車椅子を用意してくれるところもあります。

介護タクシー会社によって違いはありますが、送迎のサービスだけでなく、生活援助も行ってくれるところもあり、薬を病院まで取りに行ったり、排泄の手伝い、食事や洗濯、掃除など身の回りの事が困難な人の手伝いを行います。

介護タクシーの会社でそれぞれサービスが異なっていますので、どの様なサービスがあるのかを確認して利用することです。
料金体制もそれぞれ違いがあって、サービスに伴った別料金になっていることが多いので、利用前の確認が大事です。
関連コンテンツ

介護タクシーを利用するすることが出来る人

介護が必要な人には便利なサービスとして生まれたのが介護タクシーですが、誰でも使えると言う訳ではありません。 介護タクシーは、訪問介護に含まれています。 そのために利用できる場合と出来ない場合があり・・・