介護アイテムになる介護タクシーのTOPに戻る
「介護アイテムになる介護タクシー」トップ >  介護タクシーの利用 > 介護タクシーを利用するすることが出来る人

介護タクシーを利用するすることが出来る人

介護が必要な人には便利なサービスとして生まれたのが介護タクシーですが、誰でも使えると言う訳ではありません。
介護タクシーは、訪問介護に含まれています。
そのために利用できる場合と出来ない場合があります。
身体障害の人や介助が必要な高齢者の人の、介護タクシーが利用できる条件として、まず自宅で生活をしている人が対象になります。
特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの施設で生活している人は、利用出来ません。
また、高齢者や障害者でもひとりでバス・タクシー・電車をご利用できる人達は介護タクシーを利用することはできません。

そして、介護度が要介護1以上の方で、担当のケアマネージャーが決まっていることが必要です。
介護タクシーは、車イスをそのまま乗せることや、ストレッチャーを乗せることが出来るので、出かけることを諦めていた人にも、安心して利用してもらえます。

その他に、骨折や体調不良など一時的な身体不自由になっている人で、公共交通機関の利用が出来ない状態の人でも、利用することが出来ます。

また、介護タクシーは普段の生活が困難な人の、入浴や排泄、食事などの介護も行ってくれるので、一人暮らしで生活が困難な人や、介添えの人が一時的に介護を離れなくてはいけない時などにも、利用することが出来るようです。

ただし、要介護の人が介護タクシーを利用する時は、介護保険が適用されるのですが、利用者の条件によって適用されない場合があります。
介護タクシーを利用する時には、必ず介護保険が適用されるかどうかを確認することが必要です。
適用されないと料金が全く変わってくるので、注意が必要です。
関連コンテンツ

介護タクシーのサービスの内容

介護タクシーは、身体障害者の人や介助が必要な高齢者の人が、安心して利用できるアイテムです。 ホームヘルパー2級以上の資格を持った乗務員が、介助を行う事が出来るので、付き添いの人がいなくても外出す・・・