初心者が始める家庭菜園のTOPに戻る

家庭菜園・夏


家庭菜園の夏は害虫の動きが活発になり、雑草も生い茂ってきます。

加えて、家庭菜園に野菜を食い荒らす害虫は春から発生し始め、夏になると急に増えることがあります。

また、梅雨には湿気が高くて蒸れやすくカビが生えるトラブルや、水を好むナメクジが出て折角育った新芽を食べられてしまう場合もありますので、込み合った葉を剪定して風通しを良くし、虫がいないかチエックをします。

家庭菜園に生える雑草はとても大量に出てきます。

必要な養分が雑草に横取りされてしまうので野菜の生育が悪くなることがあり、見つけ次第抜くように習慣付けておきます。

それから、暑い時期ですから、熱中症や日射病も心配です。

家庭菜園で過ごす格好にも注意が要ります。

日焼けしないように長袖やツバの広い帽子を被り、水分補給できるように飲み水も準備しておきます。

汗をかいたときのために着替えもあると安心です。
それから、夏まきの種や苗なども用意します。

セロリやブロッコリー、カリフラワーなどは種をまいて出来た苗を定植する時期を迎え、定植を行います。

家庭菜園で行う夏の作業には、他に間引きもしなければいけません。

春にまいた種が育って間引きが必要になるので、状態を見ながら間引きして丈夫な苗を残し、株を充実されていきます。

暑くて大変な時期ですが、秋の豊かな収穫の楽しみを期待して丁寧な手入れを心がけます。
根も葉も枯れるグリホサートが効く、葉から入って根を枯らす除草剤です。大量散布にも最適で、...
関連コンテンツ

家庭菜園[夏] 落花生

落花生は酒のつまみ、子供のおやつなどに最適な食べ物の落花生を家庭菜園で作ります。 落花生は茎になるのでなく、咲いた花がしぼみ、土中に入り、そこで膨らんであの落花生の形になりますから、花が土中・・・

家庭菜園[夏] 人参

家庭菜園で作れる野菜に人参があります。人参は、夏まきで秋から冬にかけて収穫するのが一般的で、初心者にも栽培しやすいでしょう。 種蒔き: 人参は春蒔き、初夏蒔きなどがあります。 春・・・

家庭菜園[夏] モロヘイヤ

モロヘイヤは、エジプト原産の1年草でビタミンやミネラルを含む野菜です。 刻むと粘り気が出てくるあのモロヘイヤです。 モロヘイヤも家庭菜園で育てることができます。 種蒔き: 5月過ぎ・・・

家庭菜園[夏] メキャベツ

メキャベツは、キャベツと同じくアブラナ科の仲間です。長く伸び上がった茎に50〜60個ものたくさんの葉球を付けるので、「子持ちカンラン」とも呼ばれます。 種蒔き: 温暖地は6月〜7月。寒・・・

家庭菜園[夏] みずな

みずなは関西以外の土地では「京菜」とも呼ばれます。 肥料を使わずに水と土だけで作られていたことから、みずなとよばれるようになったとの由来があります。 漬物、煮物、鍋の野菜に色々の料理に・・・

家庭菜園[夏] ブロッコリー

家庭菜園で、野菜サラダなどで良く使われるブロッコリーを作ることができます。 「頂花蕾専用種」は頂点にできた大きなものだけを収穫する種類です。 「頂花蕾、側花蕾兼用種」は脇にできたものも収穫でき・・・

家庭菜園[夏] しょうが

家庭菜園でしょうがを育てて収穫できると、しょうがの本当の美味しさを知ることが出来ます。 植え付け: 4月 十分に気温が上がってから植え付けます。 植え付けの際は、芽の方を上向き・・・

家庭菜園[夏] ごま

種まき: 6月始め、初夏の頃です。 育て方: 適宜間引きをして20センチ間隔で育てます。 ゴマはかつて田圃の畦道などに勝手に生えていたくらいなので、ほとんど手がかからず、家・・・

家庭菜園[夏] カリフラワー

カリフラワーはブロッコリーと同じアブラナ科の野菜です。 茹カリフラワーは茹でてもビタミンの損失が少ない野菜として良く料理に使われます。 種蒔き: 7〜8月 蒔いた後は土を軽く踏・・・

家庭菜園[夏] インゲン

家庭菜園でインゲンを育てるのは初心者にとっても、そう難しい野菜ではありません。 インゲンはつるのある品種では「ケンタッキーワンダー」、つるなしの品種なら「さつきみどり」「江戸川つるなし」などがあ・・・